天使か悪魔か

リアルババアあしゅのいらん事言いブログです。

映画のお話 4

       私の好きな役者 
 03.8.13 

上にも書いたように
私は普通の中に狂気を感じさせる役者が好きだ。
絶対にチェックするのは、ショーン・コネリー
ジャック・ニコルソン、ジョン・トラボルタ
ケビン・ベーコン、スティーブ・ブシェミ
他、エディ・マーフィー以外の黒人俳優のほとんど
そして、本命のキャシー・ベイツ。
ドナルド・サザーランド、ロイ・シャイダー
ジェシカ・ダンディもいいなあ。

若手女優もイイのがいる。
「スクリーム」のネーブ・キャンベル
「ワイルド・シングス」のデニス・リチャーズ。

有望株は、「17歳のカルテ」に出てた
拒食症 (だったけ?) の、クレア・デュバル。
彼女は、サスペンスやオカルト、学園物の脇役として
よく出演してるが
私としては、第2のキャシー・ベイツに
なるんじゃないかと、ひそかに期待している。


単に顔が好き、っていうの
女優ならアンジェリーナ・ジョリー
男優ならジェイムズ・スペイダー
エドワード・ファーロング、キアヌ・リーブス。

今、一番、注目してるのはケビン・ベーコン。
彼は 「フット・ルース」 という
「サタデー・ナイト・フィーバー」 の
後釜を狙ったような映画で主役を張ったが
その後、泣かず飛ばずが長く続き、それにもめげずに
素晴らしい味を持った役者に成長してくれた。

トラボルタも似たような経歴で
今、いい味を出してくれてるので期待大。
トラボルタは 「パーフェクト・カップル」 の
時のような、だらしない男を演じてこそ
本領発揮すると思う。


ジェフ・ゴールドブラムは 「ザ・フライ」 で
有名になり、「ロスト・ワールド」 で定着したが
彼は、その容貌のせいか
昔、3流のオカルト映画によく出演していて
それが見事に彼の魅力を発揮していて見事だった。
彼のやった魔王や吸血鬼は色気ムンムンだったぞ。
普通の役をするようになって
普通になってしまったのが、すんげえ残念。


ちなみに、ロバート・デニーロもチェックはするが
どうもクドいような印象であまり好きではない。
嫌いといえば、ロビン・ウィリアムや
ジャッキー・チェンのような笑い方をする役者が嫌い。


散々好き放題、書きまくったあげくに
見苦しく言い訳かますが
私は見る目がないので
演技の上手い下手はまったくわからない。

特に吹き替え版ばかり観るので
より一層そこらへんは説得力がないので
あまり真に受けないようにな。
しかも他人の好きな役者を聞いても
面白くもなんともないって事に、今、気付いたわ
ははははは。


先日レンタルビデオ屋さんで映画一覧表の本を貰ったんで
どの映画を観たかチェックしていったのだが
私・・・どんだけヒマなんだ?
というほど観とった・・・。

人に見せたら呆れるどころか怒られましたわ。
もうヒット作はともかく
誰も観ないだろうと言うような地味なタイトルまで。
しかし、恋愛映画の部分だけは、ほとんど空白で
いかに偏った観方をしてるかがありありと!



      ウインドトーカーズ    
 03.9.29 

ニコラス・ケイジ主演の
第二次世界大戦の南太平洋が舞台の話。
日本軍に暗号を読まれる米軍は
インディアンのナバホ族を通信兵として雇う。
ニコラス・ケイジはそのナバホ兵を護衛しつつ
そいつが敵に捕らわれそうになったら
殺して暗号の秘密を守るという
極秘任務を背負っている、というあらすじ。


見終わった後に
「何でこんな映画を作ろうと思ったんだ・・・?」
と思った。
なくてもいい映画って感じなのだ。
その感想の原因を考えてみるに
戦争の悲惨さと民族問題を表現したかったんだろうが
どっちも中途半端に描かれてるのが
問題だったのではないだろうか。

差別しているナバホ族との戦地での交流
敵国日本の民間人との触れ合い、
心が通じ合う中で戦局が不利になり
ナバホ兵を殺すかどうかの選択を強いられる葛藤。
詰め込みすぎて全部ワヤ。


戦争ものは好きでよく観るが
どうしても説教臭くなるのが否めない。
だがホイホイ殺せ殺せとやっていいわけでもないので
しょうがないのかもしれない。
他に描きようがないものな。
ホイホイ殺せは、SFものの
勧善懲悪みたいな話で展開してるんで
人間以外が相手ならいいって事かしらん。

そういや最近、劣化ウラン弾が問題になっているが
この題材っていい映画になるよな。
語られるのは数十年後になりそうだが。



      私の映画の傾向       
 03.9.29 

私は以前は日に1~2本の映画を観ていた。
今は減って、週3本ペースだ。

特に好きなのはホラーだが
恋愛とアクションもの以外なら何でも観る。
でも最近のアクションは動きがキレイで
見ているだけで楽しいので
環境ビデオみたいな意味で、よく観ている。

「チャーリーズ・エンジェル」 や
「クローサー」 は女性が強いので、なお楽しい。
「トゥームレイダース」 も
アンジェリーナ・ジョリーが美しいので
うっとりと観る。


恋愛ものを観ないのは、私は恋愛体質の脳じゃないので
出演者の葛藤がわからんのだ。
ひとりでグジグジ悩んで問題を先送りする
主人公たちを見てると
「何でそこで相手にはっきりと問いたださないんだ!」 と、イライラする。

私なんか、そんな話、5分でケリをつけたるわあ!
と、いうような内容を2時間近く引っ張られてみい。
よく、そんな不透明な恋愛をやってるなあ、と、呆れるが
これは多分、私の情緒面の方に問題がありそうなので
あえてソレに首を突っ込もうという気にはなれないのだ。
愛だ恋だは、私の心の 「危険物注意」 の箱に
永久封印しておこう。
・・・もし、愛だ恋だがあったとしたらだが。


ホラー以外で特に私が好きなのが、裁判ものだ。
これは地味なタイトルが多いが、いい映画が結構ある。

ジャック・レモン主演の リメイク版
「12人の怒れる男」 などは秀作で
何度観たことやら。
舞台がほとんど一室の部屋だけなので派手ではないが
夏の蒸し暑さがガンガン伝わってくる。
裁判ものはサスペンスに直結してるのも多いので
どんでん返しの楽しさも見所だ。


私が引き合いに出す映画は
話題になってないのが多いのだが
地味に存在する映画にこそ感動できるものが
眠っていると言って過言ではない。

多分、大作と言われるやつは
制作費をかけまくってるので
スポンサーの意向やら
万人受けをするようになどの使命があって
描きたい事が描きにくい環境に
陥ってるのではないだろうか。

周囲に振り回されずに自分の真実の表現を貫けてこそ
人に伝わるものが生まれるのかもしれない。

あ? 私の伝えたい事?
「まあ、いいじゃん、言わせてくれよ、へっへっへ」だ。





プレミアムリッチネイル

ロート製薬のネイルクリーム。
値段は・・・、ネットで調べたら
770~1430円。

トイレットペーパーと一緒に買ったんで・・・。
って、どうしようもない言い訳だな。
値段をロクに見ずに買ってる証拠だよな。

正式名称は、メンソレータム ハンドベール
ビューティー プレミアムリッチネイル。

安心のメイドインジャパン!

richnail.jpg


チューブタイプで、白いクリーム状。
伸びが良くて、ちょっと馴染みにくいかな。
匂いは淡くシトラス系。
1日に2~3回、爪や爪周囲に塗り込めってさ。


これを使う直前に、左手中指の爪が縦割れしちゃって
こうなると、何か月も割れっぱなしなんだよ。
いっつも、この指の爪のここが割れるの。
割れ目は肉まではこないから、痛くはないんだけど
服とかの繊維に引っ掛かって、うっとうしいんだ。

それが、割れた直後からこれを使い始めて
爪を切ったら、そっから割れが治まった。
あれえ? もしかしてネイルクリームが効いてる?
と、箱の説明書を読んだら
“爪集中補修” って書いてある。

この爪の割れ、繰り返してたんだよ。
なかなか治らないの。
削っても切っても、同じとこが割れてきてたんだけど
今回は、瞬時に治まった、という事は
リッチネイル、効いてるんじゃんー。
凄い!

ネイルケアは、疑問を持ちつつも続けてて
効果は、爪の根元がピカピカになるぐらいと
思ってたんだけど、修復効果があるなら
こんな素晴らしい事はないよな。
期待を持ってしまう。


ただ、このクリーム
いつまでもスルスル伸びて、馴染みにくいんで
使うのが、ちょっと面倒くさいんだ。

爪表面をうるおいコーティングして
保湿成分を爪内側まで送り込んで
表面の傷は補修してくれる仕組み
と説明書きに書いてあるんで
実に頼もしい限りなんだけど
しっとり感は、それほど感じないな。

爪表面がツルツルしてきたら
塗り込み完了のサインです、ともあるけど
爪、ガタガタなんで、よくわからない。

ネイルクリームって、大体の商品が
そんなにしっとりベタベタしない作りになってるけど
これも、そう。
塗った感じも、違和感なし。
潤ってるのかわからないけど
塗らないより良い気はするかな。

爪の割れがストップしたんで
見えない効果に期待して、1本塗り続けてみる。


使い切った。
1本が2か月弱だったよ。

使ってる時はわからなかったんだけど
使い終わって、次のネイルクリーム
資生堂インテグレート ポケットネールセラムを
使い始めたらわかった。

7g 600円台

nailcreams.jpg



まずはポケットネールセラムのレポ。
初手の感想は、「ちっちゃ」。
パッケージを開けて、すぐ思ったね。
ちっちゃ過ぎて、使いにくいほど。
何せ、7gだもんな。

で、ジェル状なんだけど
硬くて絞りだしにくいの。
容器の出口も小さい。

このジェル、伸ばしたらオイルに変化。
サラサラだけど、垂れにくい形状。
だから外でも使いやすい、って書いてあったけど
なるほど、持ち運び用の小型かあ。

でもな、正直、潤いが足りない。
ネイルコスメだけど爪周りに塗れ、書いてあるから
爪には潤いは与えないっぽい。
サラサラオイルが、何かパサパサするんだよ。

だから、ハンドクリーム必須。
と言う事は、荷物を減らしたいのなら
ハンドクリームだけ持ち歩けば良いんじゃないの?
これ、いらないじゃん。

更に文句を言うのなら
“心やすらぐアロマの香り” だそうだけど
私の苦手な香りで、やすらげねえ。
ま、これは個人的すぎる感想だな。

出先で使え、と言う割には
潤わず、しかも指先がスルスル滑るので
これの存在理由がわからない。

これを使ってる時、ひんぱんに逆剥けした。
塗れば塗るほど乾くって
ビタミンCでも入ってるんかいな?

しょうがないので、ハンドクリームを下地に塗り
上からこれを重ね塗りしてたよ。
意味ねえーーー。

小さいんで、1日1回寝る前にたっぷり塗って
約1か月だった。
正確に言うと、1か月と3日だ。
早く使い終わって良かったよー。

これを使うぐらいなら
プレミアムリッチネイルを使った方が良い。
比べたら、ちゃんと爪も潤ってたのがわかる。


私の今のところの感想は
Dr.Nailのデイケアオイルか
プレミアムリッチネイルのどっちかをリピ使いだな。

ポケットネールセラムのような製品に出会うと
何気なく使ってたやつの良さが、よくわかるよ。
ポケットネールセラムの存在理由は、それだな。
引き立て役。

天下の資生堂が、よくもこんな商品を作ったもんだ。
期待してた分、ガッカリだよ。

皆、ネイルクリームにも良し悪しってあるぞ。
甘く見てたらいかんいかん。




 
このふたつ、ほとんど値段が変わらないんだぜ。
リッチネイルの方が、2倍以上容量が多くて
効果も高いっちゅうに!
資生堂、ぼったくりだな。
リッチネイルは爪修復に重きを
置いているような感じで
資生堂は、爪まわりの保湿。
それでも、リッチネイルの方が
爪まわりも潤うけどな。
メーカーで買っちゃダメ、って事かな。




 
 
 

最近気付いたんだけど
あんだんてシャンプーで
軽く洗うようになって
頭皮の痒みをほとんど感じないんだよな。
大風邪で寝込んで、洗髪できなかった時も
匂いも痒みも脂も出なかったし。
“軽く” 洗うのがミソのような気がする。
何でかはわからないけど。
とにかく、あんだんてシャンプー、良いよ!



 

このアフィリの商品説明に書いてあったけど
これ、無添加リップだって!!!
・・・ああ・・・、うん、そりゃ成分表でわかるけど
意識した事なかったんで、気付かなかったよ。
そうだよね、これ、無添加だよ!
口まわりに塗るものだから
無添加は嬉しいよね。
そうかあ、無添加だったかー。





映画のお話 3

         グラスハウス 
 02.9.17 

正真正銘のサスペンス。
ストーリーは、「両親が事故で死に、後見人の家に
 移り住んだ姉弟を待っていたものとは?」。
解説にもこういうことが書いてあって
予想を裏切らない内容で満足だった。

何だか私の最近の映画の観方は
解説との戦いになってるような気もするが
それで良いわけがない。
ただ私は映画を観ててドキドキハラハラするのが嫌なので
話をあらかじめ知っておきたいのである。
(一体、何のために映画を観てるのやら・・・
 という突っ込みはやめれ。)


この映画は後見人の職業が車屋だったせいか
高級車が数多く出てくる。
フェラーリはクラッシュするわ、BMWはダイブするわ
ジャガーはローリングするわ、ボルボはパンクするわ
サーブはボロ扱いされるわ、の狂乱ぶりである。
しかし、アクション映画じゃないので
そんなことはどうでもいい。


悪と戦うのは姉ちゃんひとりで
弟はてんで足手まといの大バカ野郎である。
しかも、この弟、TVゲーム好きで
「ポケモン」 やら 「ドラゴンボール」 やらに
ハマってて、後見人にプレステやNINTENDO64
やらを買ってもらって、あっさり懐柔されるのである。

んで、実際に遊んでるゲームは
格闘やレースだったりして、趣味の広い坊やだ。
まあ、RPGを一個もしないヤツには
後見人の罠など見抜けもしないって演出か? (イヤミ)


この映画の一番の見所は、何といっても
姉ちゃんのパンパンなボディだな!
おお! 若いって素晴らしい!! って感じの
はちきれそうな水着は、きっと観てる人へのサービス。
この娘さんは、他の映画にも出てた気がするけど
思い出せない。

後見人の奥さんは、ダイアン・レインのような気がするが
これもアテにはならない。
私は人の名前と顔の認識能力が
ほとんどナッシングなので、信用しないように。



         千と千尋の神隠し 
 02.10.6 

私は宮崎アニメを観た後は後悔する。
田んぼのあぜ道やら草原やらを見てると
子供の頃の気持ちを思い出しそうになる。

これは、今、思い出しちゃいけないものだ。
心の奥底に沈めておいて、死ぬ前あたりに取り出して
感傷にひたればいいのである。
そうしないと、この過酷な人生、渡っていけないだろう。

そういう意味で、この作品も観終わった後
大いにヘコんでしまった。
ああ、私、くじけるな!! 図太く生きろーーー!!


この作品の教訓は 「みだりにモノを貰うな」 である。
私的には、宮崎アニメでは 「ナウシカ」 と
「ラピュタ」 の次あたりにくる作品だと思う。
不満はエンディングで、あのお守りの意味と
ハクの行方が気にかかる。
が、宮崎ファンが怖いので、文句もそうそう言えない。

今のテレビゲームの写実主義にはうんざりしてるので
このアニメの微妙さをちょっとは見習って欲しいものだ。
何でもかんでも実写的にすりゃ
リアルってもんでもないんだよ!!

しかし、千尋の両親の立場まるでなし。
私だったら、思春期に突入した頃に
恩きせまくってグレるかも・・・。



     シャドウ・オブ・バンパイア 
 03.8.13 

うーむ・・・マルコビッチは凄い。
「コン・エアー」 や 「マルコビッチの穴」 の時は
全然、評価しなかったんだが
この映画でのマルコビッチは見事だった。

私は通常の状態で狂気を感じさせる役者が好きだ。

狂気を演じて狂気を出すのは当たり前。
何の変哲もない一般的な役をやってる時こそに
狂気を出してほしい。

マルコビッチは狂気の役をすると普通になってしまい
まともな役をすると狂気を滲み出す。
そこに気付かなかったので
今まで興味が持てなかったのだ。


あらすじは、「吸血鬼ノスフェラトゥ」 の
監督 (マルコビッチ) が
本物の吸血鬼を主役に映画を撮るという話。
多分ここでは吸血鬼役のデフォーに
称賛が集まると思うんだが
私としては監督役のマルコビッチを称えたい。

「写ってないものは存在しない」 のセリフが
彼の演じた監督のすべてを表現している。
特に、ラスト、マルコビッチのどアップで
エンディングに行くのが見事!!
私は吹き替え版を観たんだが
マルコビッチ役の声優も絶賛したい。

ああ・・・観終わって放心した映画は久しぶりだった。
でも、この映画は誰にでもお勧めはしない。
マルコビッチの本領を見たいヤツだけ観てちょうだい。







アフィリのお礼 12 ゴムなしパンツ

トリンプ スロギーナチュラルヒップはきこみ深め
1800円
素材構成: 身生地:綿75%、ナイロン15%、ポリウレタン10%
テープ部:ナイロン90%、ポリウレタン10%

ワコール ショーツ GOCOCI ハーフ・ハイカット
2000円
素材構成: キュプラ、ポリエステル、ポリウレタン


グンゼのパンツをはいている、と書いたら
教えてもらった、トリンプのパンツ。

買いに走ったら、ベージュが1枚しか置いてなくて
しかも、はきこみ浅めで
もう1枚欲しいな、と売り場をウロついたら
ワコールに、似たような
切りっぱなしのゴムなしパンツを発見。

とりあえず、トリンプとワコールと
1枚ずつ買って帰ったよ。


この2枚、甲乙つけがたいんだ。
肌触りは断然、ワコール。
トリンプはお腹のとこはゴムありなんだけど
ワコールは腹部分も切りっぱなしで、刺激が少ない。

股部分も、トリンプがちょっとゴワつくのに対して
ワコールは薄手でなめらか。

ただ、ワコールは、股の部分が尻に食い込むんだ。
女学生のブルマの裾直しのごとく
しょっちゅう、裾を引っ張って
整えなければならない。
これは、かなり不愉快。

それさえなければ、ワコールにしたんだけど
その一点が、どうしても我慢できず
本履きしようと、追加で2枚買ったのは
トリンプ!


Lでちょうど良かったんで
はきこみ深めのLLサイズをアマゾンで注文。
Lで良い人は、LLの方が快適だと思う。

はきこみ深めは、股部分のゴワつきも感じず
良いはき心地。

でもな、2枚のうち
1枚がくいこむんだよー。

これはもう、真実はひとつ、だよな。
私の尻がおかしいんじゃなく
ちょっとした不良品、って事だ。
という事は、ワコールも試してみる価値ありだぞ。

ワコール、ほんとサラサラツルツルで
はき心地が良いから。
タグもないし、縫い目も抑え目だから
敏感な人に良いと思う。

違いは素材かな。
ワコールはキュプラ素材で
トリンプは綿が7割入ってる。
綿じゃないとかぶれる人はトリンプを。


見た目も、ババパンツじゃなくなったし
これなら人に見られても平気。
ほんと、快適な下着ライフがおくれているよ。
教えてくれた人、感謝!

そして、私のアフィリで物を購入してくれた人
本当にありがとうーーー!

あんだんてシャンプーは人気がないようなんで
アマゾンに私のとこからわざわざ入って
色んなものを買ってくれてると思うんだけど
ほんっと感激!!!

皆さまの愛に、私の尻は包まれております。
しかもグンゼより美しく。


あ、グンゼと言えばな
この前、売り場を通りかかったら
ゴムなしの切りっぱなしパンツがあった!
縫い目が気にならない、とかいうやつ。
1枚1000円。
買っちゃったよ。

グンゼもとうとうゴムを捨てたか。
でも、その判断も納得。
ゴムなしパンツ、とてもとても
はき心地が良いんだよ。
すっごいラク。

グンゼのワカメちゃんパンツもラクはラクだったけど
ユルユルで股がおぼつかなかったもんな。

全部のパンツが、ゴムなしになれば良いのに。


今回の買い物も、実に有意義だった。
皆、本当に本当にありがとうーーー!


余談だがな
剣客商売のDVDボックスが欲しい
って言ってたじゃん。

剣客商売、5シーズンあるんだよ。
で、1シーズンが15000円すんの。
かける5で、7万円ぐらいする。

買えないなあ、と思っていたけど
ひかりTVで全部録画できたよ
ひゃっほー!

よって、見果てぬ夢はなくなった。
これからも、細かいものをチマチマ買っていくわ。




 
この2つ、ほんと甲乙つけがたいから
両方買って試すのが最良だと思う。
それぞれに、それぞれにない良さがあるもんな。
この形の他に、ビキニタイプもあるんで
ババパンツっぽさはないぞ。




 
 
 

剛毛多毛の私だったが
最近、髪がちょっと細く少なくなってきてるんだ。
その途端、あんだんての良さが実感できてな。
このシャンプー、優しいわーーー。
どんな髪質でもキシキシパサパサしないし
ヘンなヌルつきもないし
髪がまっさらになる感じ。
安心して、髪を洗える。
ちょっとお高いシャンプーだけど
この使い心地なら納得のお値段。
ぜひ、ぜひ試してみて!



 

何か新しいリップクリーム、出てる?
一応チェックはしてるけど
試す気がしないなあ。
どうせナイアードのひとり勝ちだろ
と思ってしまう、すれてしまった私。
風邪の時のカサカサも、すっかり治り
ウルウルリップになってるから
この潤いを手放したくないのもある。
他のリップクリームを試すと
すぐ唇の状態が悪くなるんだもん。
ま、チェックはするけど。






映画のお話 2

         アナトミー  
  02.9.9 

パッケージの解説。
「女子医学生が大学で見たものは
 生きた人体実験だった」・・・。
絶対これはホラーだと信じ込んで借りたが
最初はスプラッタもどきで
最後には医師の倫理問題にまで発展していた。

最近ハズレが多いのは、解説に問題があると思うぞ。
俳優も見たことないのが勢揃いしていて
どうやらハリウッド映画ですらないようだ。
オカルトなんかは本場イタリアものがよくあるが
どうも欧州圏は米より表現がわかりにくい。

私はジェイソンやらフレディやらホーンテッドハウスが
考えなしに不死身の活躍を繰り広げるのを
コーラとポップコーンを手に観るのが好きなのだが
今日はケーキを食いながら観てたら
心臓やら腸やらがボタボタグチャグチャで
食う気が失せて冷蔵庫に放り込んだ。
多分、元夫が食うだろう。
食いかけを。

邪道かもしれないが、私の心理としては
映画はあらかじめ筋がわかってないと楽しめない。
せめてジャンルぐらいは把握しておきたいものだ。
ジャンルによって観る心構えが違うのだ。
この映画も、いらん勘違いをして観なければ
面白かったかもしれない。

今まで観てガッカリした映画の中にも
そういう濡れ衣を着せられたものが多いと思う。
まあ、それは観る人の感覚の違いというものだろうが
サスペンスの棚に 「ブレアウィッチ」 は置くな!



         トレーニング・デイ  
  02.9.9 

デンゼル・ワシントン主演の刑事ドラマ。
麻薬取締官になりたての若造がデンゼル扮する
ベテラン刑事に指導を受けるが
あまりの汚いやり口に反発するとかいう話。

私が必ず吹き替え版を借りるのは
他の事をしながら観るのと
画面を観ても背景に気をとられることが多くて
とても字幕を追ってられません、てな理由である。

この映画の時は、せんべいをバリバリ食いながら
観てたら、声がよく聞こえない上に
治療中の歯が痛え!で、歯磨きに行って
席をはずしちゃったんで、すっかり筋がわからなくなって
元夫に途中で聞いたけど、これまた説明が的を得てなくて
あいたた、しまったーだった。


で、ラストを言いてえけど、それは倫理的にやめとく。
デンゼル・ワシントンの新境地ってところかな。

パッケージの解説を読んで、そういう話かと思って
観てたら、ああ、また間違ってたよ、と途中で思い
結局そういう映画だったんで、今回は予想通り
解説と気が合ったの久々ー! だった。

・・・しかし、私の映画の感想を読んで
その映画を観たくなる人はひとりもいないだろうなあ。
私の言う事をあまりアテにはしないように。
真面目に書いてはいるんだが。

関係ないが、上の “アナトミー” で書いた
食い掛けのケーキの行方だが
元夫が 「何だ?これ、犬がかじったのか?」
と、独り言を言いつつ食っていた。
私なら犬がかじったかも知れないケーキは食わないな。



         ジュヴォーダンの獣  
 02.9.15 

革命数十年前のフランスが舞台。
獣が村人を襲うので、それをつきとめようとした
博物学者が知った事実は? という話。

観た感想は、「ジャッキー・チェンは凄いなあ」
だった。
いや、ジャッキー・チェン、嫌いなんだが
映画のアクションに多大な影響を与えてるのが
よくわかった。
この映画にも、全然、関係ないんだけどね。

最近、流行の瞬間映像ストップというか
コマ送りというか、あれはやめて欲しい。
観てて、神経にピクピク障る。
この映画も、そういうテクがてんこ盛りで
視神経過敏になったさ。

出演者は、サミュエル・ル・ビアン
ヴァンサン・カッセル、モニカ・ベルッチ。
もう配役で誰が悪いのか、すっかりわかるのも悲しい。
しかも主役に魅力がないんで
どうしても悪役を応援してしまう。
おまけに、私は最後までモニカ・ベルッチが
どれなのかもわからなかった。

観終わった後、 「ああ、また “潜伏” で
 くだらんコメントを書くことになっちゃった」
と、悔やんだ。
元夫はこれと一緒に 「十字軍」 の映画も借りたが
家に帰って見たら「エンド・オブ・ワールド」 だった。
今まで観た中で、“救いのない話” NO.2に
輝く映画なのだ、よりによって・・・。
元夫、大激怒!!

そこのレンタル屋は、以前も間違えて、借りてもない
「宋家の3姉妹」 を袋に入れようとしていた。
ちなみに “救いのない話” NO.1は
「ダンサー・イン・ザ・ダーク」。

そうそう、獣ちゃんは一見の価値あり。
あの 「チュパカブラ」 並みに凄いぞ。



         ダークサマー  
 02.9.16 

タイトルからいって、ホラーだと
思い込んだ私に罪はあるのか?

これはサスペンスだが、犯人探しが出来る内容ではない。
解説には、「金持ち専用のクラブハウスで
 働く女性が知った秘密とは?」
と書いてあったが、これ不正解。
「クラブハウスで働き始めた女性と
 友人になった金持ち女性の真意は?」
ぐらいにして欲しい。

サスペンスにしては話が浅いが
文句をタレるほどでもなく
お薦めするほどではないけど、観てもいいんじゃないの?
という高飛車な態度にさせてくれる映画である。


ここでサスペンスとホラーの違いについて
一発ブチかましたい。
違いはずばり、「ホラーに意味はない!!」 

ジェイソンに会うのは交通事故と同じようなもんで
動機だの感情だのを必要としないのである。
最近のホラーが、サスペンスに近い
話の深さを持つようになったのは
ひとえにシリーズ化した 「13日の金曜日」 が
ワンパターンになり、それに苦しんだからだと思う。
いや、だから何なの? と言われたら
何もないです、しくしく・・・。
言ってみたかっただけなのよ。


余談だが、先日テレビでやってた 「グリーンマイル」
を観てて、(もうこれを観るのは3度目だが)
そう正面きって正論をストレートに
とうとうと述べられても・・・・ と思った。

言葉で率直に教訓を告げられると
観てる方に想像の余地がないのである。
これは子供向けだなという気がするが
それにしてはツラい場面も多いので、始末に困る。

こうやって、グチグチ言っているが
実は私は 「フォレスト・ガンプ」 が
好きだったりする。
うげ、これってカミングアウト?







FC2Ad