FC2ブログ

天使か悪魔か

リアルババアあしゅのいらん事言いブログです。 昔の記事は http://maho.lomo.jp/nashural/ に。

占いはいらない(ダジャレじゃねえぞ)

2004年の記事。


占いや心理テストと言うのは
宝くじのようなものだと思う。
どんな素晴らしい可能性が告げられるかと
ワクワクして聞いてしまう。

なのに、「常識を超えるマイペースで孤独に
 財宝を守り人間に害をなす最強の魔物ドラゴン」 と
その占いの方が非常識だろ!!
というような事を言われたら怒るのは当然だ。
私は占いや心理テストが当たったためしがない。


私はかに座のO型で、これは12星座中
もっとも母性本能が強く、女の中の女だそうだ。
もう一発で当たってない、と誰もが断言できるだろう。
血液型占いも、私はどう考えても自分では
几帳面なA型のような気がする。

占いは統計学だというから
たまにズレたヤツがいても不思議はないが
それにしても、ここまでことごとくはずれるのが
不思議でしょうがない。

正直に告白するが、私は自分の性格を
冷静に客観的にかえりみて
神経質でか弱くマイナス思考で真面目だと
ずっと思っていた。
だが最近になって、どうもこれは全部逆じゃないのか?
という不信感が芽生えてきた。

「私って大雑把だし」 ってのは
謙遜して言ってたのだが
どうもこれは知らない間に図星突いてたんか?
もしかして私はザッパで図太く
考えなしのふざけたヤツなのか?

いや、そんなはずはない!
私は結構いいヤツのはず、と思おうとするのだが
周囲を見ると自信がなくなる。
ということは、私の周囲に異様に
いいヤツばっかりいるのではないだろうか。


こういう的外れかもしれない自己分析をしてるのに
占いや心理テストでまったく当たってないと
激怒するのは、根本から違うのだろうか。
だったらなおさら、真のオノレを突きつけられるような
ものには手を出したくない。

私が占いや心理テストを嫌うのは
防衛本能なのかもしれない。
しかし目の前に出されたら
もしかしたら今度こそ納得できる素晴らしい賛辞が・・・
と、ついつい期待してやってしまうのが
悲しい習性である。


かなり昔の事になるが、母が私の行く末を案じて
占い師に占ってもらったことがある。
その人は今じゃTVに出まくりの超有名な女性占い師だ。

娘の行く末を案じてすることが、占いとは
相変わらずトボケたババアだよ、と呆れたが
妙な宗教にハマって壺とか送ってこないだけマシかと
温かい目で対応した。

それよりも、まだ若く未来がたっぷりの頃の私の
行く末のどこにどういう不安を感じるのかも
突っ込みたかったが
そういう墓穴は掘りたくないので受け流した。


私の名前と生年月日や写真などでみてもらったそうで
母の手紙にはこういう内容がつづられていた。
「この人は大変強い運を持っている。
 大業を成す宿命である。
 結婚をすると運が下がるので
 一生ひとりでいるべきだ。」

その後、母が電話をしてきて
「絶対、結婚しちゃダメよ!」 と
適齢期の娘に、それが実母の言うセリフか? と
説教したくなるような無謀な注文をしていた。


その数年後、姓名判断を生業とする男性と話す機会があり
無料で見てもらった。
「あらら・・・」
初手から妙な声を出されて不安になる。

「あなたのご両親は姓名判断に基づいて
 命名なさったんですか?」
「いいえ、そういうのはしてないらしいです。」
「でしょうね、知ってたら女性にこの画数はつけませんよ
 びっくりしましたわ
 長い事この商売をやってて
 女性にこの結果が出たのは初めてですもん。」

その人によると、私の名前は天下を取る運命にあり
それが女性の場合は強すぎて
上手くいかないということであった。
今の時代に天下を取るなら
アメリカ国籍のWASPになるしかねえだろ。
無茶な結果を出すヤツだ。

「それって悪いって事じゃないですか?
 名前を変えてもダメですか?」
「姓が変わっても以前の運は影響するんですよ。
 ただ結婚をしたら、あなたの運が
 旦那さんにいくでしょうね。」
「じゃあ、あげまんって事じゃないですかー。」

「・・・・・・・・・・・・・・。
 まあ、そうとも言えるかもしれませんが
 その場合、相手もよっぽど強くないと
 あなたに潰されますね。」
「・・・紙一重ですか・・・。」
「いやいや、勝ち目の薄いバクチですね。」

世の親に警告: 我が子の命名の際は
        ちっとは調べてからつけるべし!


しばらくしてから、ふと思った。
このふたりは同じ結果を出していたのではないか。
結婚するな、と言うのは女性占い師で
ひとりで頑張って一旗揚げろと言う。

男性占い師は、この男社会で女性がそこまでするのは
無理だから悪運だと気の毒がる。
男女の感覚の違いだろうが
いずれにしてもあまり平和とは言えない。


親がそういうつもりで命名して、子供の頃から
そういう方向に向かって努力するならともかく
何も考えなしで名付けて
本人も知らずにのほほんと生きてきたのなら
その運命の効力も薄れるのではないだろうか。
てか、そういうので決まるなら
子供の未来はすべて親の責任だろうに。

まあ、統計学だから、過去の偉人の数人が
私と似たような画数と生年月日を持ってたってことで
・・・・・・・・過去の女性の大多数が
不幸のどん底に落ちたというだけの話だ。
はあ・・・、すんげえイヤな気分である。

たとえ私にこの運を使いこなせる能力と機会が
あったとしても、私は “大物” にはならないだろう。
実はこう見えても私は平凡を愛する牧歌的な性格なのだ。
ってことは、性格に合わんいたらん運を持って
より一層苦労するかも・・・?

でも都合良く考えると、こういう運を持って
生まれた女性は、それだけに野心も人一倍強く
無理して頑張って、押し潰されて
不幸になっていったのではないだろうか。
だとすると、向上心のかけらもない私は
いらん野望も抱かずに、一生安泰ってことになるじゃん。

うーん、やっぱ私はマイナス思考じゃないんかもw


てか、誰に対してなのか、言い訳ダラダラかましてるのは
私があの占いを相当、苦にしてるって証明になって
何か悲しい。

あああ、聞かなきゃ良かったああああっ!
やっぱ占い、ロクでもねえーーーーーーーーー!


まったく占いや心理テストで
良い事を言われたためしがない。

今までに言われた事が当たってるとしたら
私は最悪な人格のボロボロな人生のヤツだとなるので
意地でも認めたくないわ!




コンペフレグランス1994

ポーラの香水。
1994年だから、随分昔のだな。


ポーラが一時期、香水のコンテストをしてたんだ。
年に一度、お題を出して
応募された中から1位を選んで、商品化するの。

1994年のお題はファムファタール
1995年がマザーズタッチだったかな。

マザーズタッチの方は、爽やかな香りで
あまり好みではなかった記憶がある。


香水を50数本使った中
私の運命の香りだと思ったのが、この
コンペフレグランス1994ファムファタールだった。

pola.jpg


何本リピしたかな。
ポーラだから入手しにくくて
大阪だと、梅田のデパートまで買いに行ってた。


体調が悪いと、香りって受け付けにくくならんか?
そんな事もあって、しばらく買うのを控えてたら

廃盤!

もう、私の愛するものっていつもこうだよ!
菓子にしろ、化粧品にしろ。


香水、気に入るのって、ありそうでないんだよ。
これはフルーツ系や柑橘系を嫌うせい。
特に柑橘系って、ほぼ混ざってねえ?
トップノートに定番の香りだからな。

私の好みは、フローラルかムスク。
んで、ファムファタールはフローラルなのだ。


もう、香水をつける事もないかな、と思っていたら
ヤフーオークションでファムファタールを発見!

これは絶対に欲しい、と思ったけど
私、オークションってよくわからんのだ・・・。
そこで、オークションをやってる知人に
落札してもらった。

2箇所から出てて、そのどっちも入手して
2本で1万円いかない値段だった。
ごめん、また値段を忘れてもうた。
・・・私、貧乏だと嘆いている割には
お金の計算とかが、ずさんだよな。
あ、丼勘定だから貧乏になるのか?


で、私の手元には、ファムファタールが3本ある。
冷蔵庫で保管してるけど
今使ってる1本は、もう香りが変質しちゃって
エタノール臭い。
オークションで落札したやつ。

でも、変な香りになってても
元の香りの片鱗は垣間見えるから
いとおしくて、しょうがない。
大事に使ってるよ。


今もオークションチェックはしてるけど
もうファムファタールは出そうにないから
手元の3本がなくなったら
別の香りを探そうと思ってる。

この前、ハルカスに行った時に
香水売り場も見たんだけど
メンズの香りも良いかもな。

ムスクって言うと、動物的なのが出てくるんだよ。
アンバーが入ると、ちょっと違うんだ。
理想はムスクフローラルかな。
理想に近いのが、メンズに多い気がする。
いや、理想はファムファタールだから
メンズともたいぶ違うけどな。


私の香水探しの旅は
ファムファタールで終わってたんだけど
また再開かあ。
気にいらない香水を使い切るのは大変だし苦痛だし
香水、決して安いものじゃないから
すんげえ散財になるんだよな。

もうババアなんだから、ノンフレグランスでも
良いかとも思うけど
香水、好きなんだ。

最近は洗剤とか柔軟剤が香水代わりになってるけど
やっぱり香り付けはフレグランスだよ。
香りの加減の調整もできるから
香害にもなりにくい。
いるけどね、香水臭い人。

私は死ぬまで、理想の香りを探し続けるんだろうな。
手元のファムファタール3本で
しのげれば、それが一番良いけど
それだと寿命が短過ぎるよな。
まあ、それでも悔いはないけれども。


ちなみにファムファタールって
“魔性の女” みたいな意味だったと思う。
愛らしいフローラルで魔性・・・
何か、奥が深そうな話。




 
 
 
ほんとに優しい洗い心地だから
2度洗いは必須ね。
シャンプーを使わず、お湯洗いのみで済ませる
“湯シャン” という方法もあるぐらいだから
そうキッチリ汚れを落とす必要も
ないか、と思うよ。
むしろ日本人は洗い過ぎだってさ。
ま、それが清潔感に繋がるんだけどさ。


 
今んとこ、最高のリップクリーム。
私はまた数か月、他のリップに浮気するだよ。
常に良いのを探している人の “一番” って
説得力が増さない?
私があちこち触手を伸ばしている間
皆は安心して、ナイアードを使ってくれ。
浮気したのは、またレポするから。




海の塩 山の塩

2004年の記事。


グルメの身内ってのは、ほんと、うっとうしい。

たかがそこいらのマーケットの惣菜のポテトコロッケを
食うのに 「ソースを取って」 と、兄に頼んだら
「どれにする?」 と、ソースが8種類出てきたら
どう反応すればいい?

「普通のウスターソースでいいんだけど・・・」
と言うと、5種類に減ったが (それでも5種類・・・)
「コロッケはドゥミグラスソース
(バイリン兄はこう発音する。ヤレヤレ) で食うと
 意外に美味いんだぞ」 と、アドバイスをくれる兄を
無視して 「カゴメのウスターソースは?」 と
探す私は、無神経の烙印を押されるハメになる。


この兄、ネットショッピングが
一般的になったのをいいことに
しょう油いっちょも全国から取り寄せるという
グルメライフを満喫してるが
マニアのうっとうしさは、何と言っても
ウンチクがうるさい事に限る。

黙って料理して、黙って食わせりゃいいものを
横で材料や調味料や料理法の能書きを
延々たれまくるのを聞きつつ
時には感嘆するというリアクションとともに食う飯は
実はどんなに美味くとも、味もようわからん事うけあい。
マニアには “謙虚” という
日本古来の伝統芸能は受け継がれてはいないらしい。


私は惣菜ってのは 「ああ、作るのめんどくせえ」 と
思った時に買うものだという認識だが、この兄は違う。
買ってきた惣菜に手を加え品を加え、味付けをし直すなら
最初から自分で作った方がマシじゃないか? と、思う。

大体、パン屋で買ってきたピザを
(真昼間っから)ワインとともに食うのは良いとしても
切ってあるピザをナイフとフォークで食うヤツは
私は初めて見た。
それが自分の実の兄だったというのも
ある意味、感慨深いもんだが・・・。

さすがにそれは不思議に思ったので
兄に 「何でかぶりつかんのか?」 と、聞いたら
「美しく食わんと、美味くないだろう」
という答だった。
確かに汚く食うヤツと飯を食うのはイヤだが
あんたの妹はその代表じゃねえのか?


私は人と飯を食うのは嫌いである。
その理由は、少食なので必ず食い残すからである。

それでも自分なりに気を遣って
もうちょっと食えるかな、と思っても
手を付けて食い残すのは行儀が悪いということで
一種類だけ手を付けて
あとは新品同様に残してしまうのだが
気を遣わない相手と飯を食う時には、鳥のごとく
あれこれ、つつきまくって食い散らかす。

私は、タレやソースというのが
あまり好きではないので
ゴチャゴチャ手をかけた料理は
食ってる途中で嫌気が差すのだ。

こういうヤツと飯を食いに行っても楽しくないだろうから
私は食事の誘いにはあまり乗らない。
協調性がないと思われるかもしれんが
自分なりに己を判断した上で
周囲に迷惑をかけないように遠慮してるわけだ。
すげえ控えめじゃん!

まあ飯も一緒に食えんヤツはつまらんとか
そこまで言うならいいぜ、一緒に食いに行くが
文句は言うなよ? 少食なのは私の仕様だぞ?
と、開き直るぞ。


マニアってのは、ごく限られたスペースの中で
こだわりを発揮するものだと思っていたが
(例: ロリでも内気めがねっ娘限定とか
    爆乳でも制服着用職種勤務限定とか)
グルメってのは、和物洋物 (アダルトビデオかい) の
区別もなく、とにかく食い物なら
オールマイティのようだ。
つまり、どういう飯の場合も
存分に実力発揮が可能らしく
常に平均してうっとうしい。

兄はオンラインの利点を完璧に活用し
そうめんからチーズまで世界中の珍味が
実家には揃っている。
そこで気が付くのが、グルメ=料理好き では
ないという事だ。

もちろん料理をするにはするが
手をかけるのは気が向いた時だけで
いつもは集めまくった調味料に物を言わせて
手抜き同然の料理を作っている。

食う事に興味がなく、“男の手料理” 並みのザツさを
披露する私は論外として
美味しいものは好きだが、深い知識もない母の方が
よっぽど手をかけた料理をするのは興味深い。


そんな兄がいつも言ってるのは
「飯は単なる栄養補給だ」 だ。
はあ? どこからどうみても
おめえの場合はそうは見えんのだが? 
同じ事を言う私は、言行一致でカロリーメイトを
かじりつつ言ってるぞお?

兄は家での食事は栄養重視で
手の込んだ美味さを追求するなら外食
という信念だそうだが
確かにネット通販で取り寄せる食材も外食の概念だと
考えれば、納得もいく・・・かなあ?
ひとつわかるのは、兄の言葉は人を混乱させる
呪文みたいなもんだって事だけだな。


この “栄養補給” という言葉が出たのは
兄がカレーを食ってる時だった。
実家には大量にレトルトカレーがあり
こんなに誰が食うんだ、と、思っていたら
兄が入浴前には必ずカレーを食っているので
怪訝に思い理由を聞いてみた。

入浴前には、香辛料のたっぷり入ったカレーに
更にその日の体調に合わせて選んだ香辛料を追加し
汗を出しやすくして、ミネラルウォーターを
2リットルのペットボトルごと風呂場に持って入り
それを飲みつつ湯船に浸かり
たっぷり時間をかけて新陳代謝を促すのだそうだ。

そうか、おめえ、風呂に入ったら最後
2時間以上出てこないので
いつも風呂場で何をしてるのか、大掃除でもしてるんかい
と、思っていたら、それだったんかい。
何時間も入浴って、おめえはどこぞの王侯貴族様かい。
いや、逆に荒行みたいなもんか?
いずれにしても、ほんと、こいつって
やることなすこと突飛だよな・・・。


てか、その上にサプリとか、わけのわからん健康器具
とかも買って、えらく健康に気を遣っているようだが
賞味期限の過ぎた食い物も平気で食うんだよな。
確かに賞味期限が過ぎても食えるし、腹も壊さんが
あれはそういう目安じゃなく
酸化するからって事じゃねえのか?

酸化ってのは簡単に言えば、活性酸素が発生して
人体の細胞を攻撃して壊す事で
その害を失くせば、人間は不老不死になるかも
といわれるほどの大事件だぞ。
健康に気を遣っているなら
酸化してるかもしれん食い物は言語道断だぞー!

と、兄に言ったが、グルメの性なのか
どうにも食い物は粗末にできないらしく
賞味期限の過ぎた物を食いつつ
せっせとサプリを飲んで運動している。
自転車操業だよ、あんたの体内は。


さて、兄はあまり良くない素材はソースでごまかし
良い素材は塩コショウのみで食うというやり方だが
もちろんそこらへんの香辛料も山ほど揃えてあるのは
抜かりがない。

何を食ってた時か忘れたが
塩が目の前にズラリと並べられた事があった。
兄曰く 「海の素材は海の塩で
山の素材は山の塩で食え」
・・・食うのに素材の出身地まで
推測せにゃならんのかよ・・・。

その時は何も感じなかったが
(というか、しこたま腹が減っていたので
 味なんかどうでもいい、とガツガツ食った記憶がある)
先日、スイカを買ったら、伯方の塩の小袋が付いてきて
それを使ったのだが、それだけじゃ足りず
家にあったアルプス産の塩も使って気が付いた。

海の塩はしょっぱいのだ!

塩がしょっぱいのは当たり前など言うなよ?
岩塩は甘味があるんだぞー!!
うひょお、たかが塩にも味の違いがあるとは
兄が言ってたのはこれか、と、感動したわけだが
人が腹を減らして食ってる横でグチャグチャ言われても
耳にゃ入らん。

それに思うんだが、人間ってのは、色々言われても
記憶に残る事って、大抵は一度に一個じゃねえか?
細かい事まで言い過ぎるから覚えられないんだよ!
という逆切れも充分に可だろう。


珍しく兄のウンチクが役に立ち
山の塩の美味さに開眼したのだが
そこはザツな私のこと
海だろうが川だろうが山だろうが
すべてその甘味のある岩塩で済ませているのは
当然の流れ。


<2017年 追記>

今はねえ、ちょっと塩にも凝ってみようかと思って
赤い塩とか、ミルで削るのとか使ってるよ。

ミルで削るの、粗くなるかと危惧してたんだけど
粉のように削れて、美味しい。
赤い塩も、何かミネラルが多い?
って感じの味がするんだ。

色々と使ってみると
塩、ほんと味が違うんだよー。

でも、料理によって使い分け
とかは、さっぱり出来ないんだけどさ。
どうしても美味しい塩を重点的に使っちゃうよね。
まだまだグルメには遠いな。





チョコレート・チョコレート

ツイッターでつぶやいてたんだけど
ここんとこずっと、チョコレートに凝っててな。

きっかけはコンビニ限定夏限定発売の
ブルボンの夏トリュフ。

私、有名なブランドチョコは
ゴディバしか食べたことないんで
それと比べて、ものを言うけど
正直、それより美味いと思う。

コツはな、食うのにコツなんているんか、って話だけど
コーヒーを飲みつつ食うのよ。
それがもう、カカオが引き立って美味しいの。

去年の夏に夏トリュフを知って
ブルボンに電話して箱買いしたほどだよ。
同じブルボンの白トリュフは物足りなく
冬トリュフはビターなとこが好みじゃない。
やっぱ夏よ、夏。

nathuchoco.jpg



で、そのブルボン箱買いがなくなってきた頃
明治のザ・チョコレートを買ってみたんだけど
一番カカオ度が低い46%だっけ?
それ、凄いの!
甘くないのに苦くなくて、香ばしいの。

フランボワーズっていうのも食ってみたんだけど
フルーツっぽくなく、チョコ味なんだけど
フルーティーに香り立つの。

thechoco.jpg


チョコの本場、ベルギーで賞をとったんだって。
それもうなずける本格的な味だよ。


今年のバレンタインはウハウハだった。
自分のためにチョコ買いの日々。
珍しいチョコが入手できる、良い機会だった。
資生堂パーラーのお取り寄せチョコも
知人から貰ったし。

そんな中でもな、京都のボノワールという菓子屋さんの
梅酒トリュフが美味しくて。
ミルクチョコの中に
ゼリー状になった梅酒が入ってるの。
チョコも手を抜かれてなく、立派な味だった。

日本酒トリュフの方は、ちょっとビター。
私は甘いチョコが好きなんで、梅酒を2箱買ったよ。
梅酒も日本酒も、すぐ完売してた。
皆、美味しいもののアンテナでもあるんかな。

bonoil.jpg



この梅酒チョコに触発されて
お酒入りチョコを見つけては、買ってみた。

昔のウイスキーボンボンなんてな
チョコは不味いし、砂糖でジャリジャリだし
食えたもんじゃなかったのよ。

それが、見知らぬメーカーのでも
チョコがちゃんと美味しい。
中に入っているお酒も、チョコに合う。
ジャリジャリの砂糖なんて入ってない。

ふえー、日本のチョコって
全体的に底上げされてきてるみたいだー。
感動したよ。


番外編で、グリコのポッキーな
“シャンパン仕立て” ってのが出て
太くて長くてまあご立派、なの。
それにコーティングされてるチョコがな
なめらかで甘さ控えめだけどまろやかなの。

軸がすごい太いんだけど
軸自体はそう美味しくもないんだけど
トータルでいうと合格な味だったよ。
とにかく周囲のチョコが美味しくて。

このシャンパン仕立て、何がシャンパンかっちゅうと
チョコレートがかすかに香るかな? って感じ。
アルコールは入ってないと思う。

カプリコやアーモンドチョコバージョンも食べたけど
カプリコ、特に美味しかった。
定番にしてくれりゃ良いのに。


日本のお菓子は、ほんと優秀なんだけど
ここにきて、チョコ業界に
急激な進化の波が押し寄せてる気がする。

本当に、どれを食べても美味しいんだよ。
値段から見ても、お買い得。
世界一のチョコなんじゃないかな。

日本に住んでて良かった、と思う味だよ。





明治 ザ チョコレート 10箱。
これは一番甘いミルク。
甘いと言っても、甘くないんだ。
香ばしいの。
コーヒーのおともにピッタリのチョコ。


 
 
 
お試しセットのピンクのボトルは
ボディーシャンプー。
こっちも優しい洗い心地だよ。


 
上のリンクは、どっちも同じ商品。
取り扱い店舗が違うだけ。
値段も一緒。
都合の良い店で買ってね。






FC2Ad