FC2ブログ

天使か悪魔か

リアルババアあしゅのいらん事言いブログです。 昔の記事は http://maho.lomo.jp/nashural/ に。

TVゲーム 1

 怒りを呼ぶゲーム  

今まで数多くのゲームをこなしてきた私だが
マジでロムを叩き割ろうかと思ったゲームが2つある。

ひとつはPS1の 「サガフロンティア2」。
技のコンボをあまり覚えんと、ラスボスに挑んだ私にも
ちっとは非があるかもしれんが
この腐れ外道なラスボスは、回復しやがるのである。
昼2時からノンストップで戦闘を延々と続けたが
夜8時に元夫から帰るコールがあった時にも
このラスボス、体調万全であった。

・・・6時間だぜえ!! ぶっ通しだぜえ!!
PS1だから、グーで電源を叩き切ったよ!!!
CDもしばらく握りしめて、割ろうか悩んだよ。
怒りで震えたさ!!!
その夜はコンビニ御飯だったが、私の怒りのオーラに
さすがの元夫も、文句ひとつ言わず
黙々と陰気くさく夕飯タイムを過ごした。

ふたつ目はPS2の
「ときめきメモリアルGirlsSide」。
散々ちやほやしまくって
やっとデートにこぎつけたというに
ちっとばかし気にくわない受け答えをしたからといって
「おまえ、俺といて楽しいか?」 はないだろう!
その瞬間、考える間もなく
コントローラーを床に叩きつけていたが
理性がかろうじて働いて、PS2本体は無事だった。
コナミ!! 恋愛は機嫌取りかあ???
何でこんなのを発売日に定価で買ったんだ
私ーーーーーー!



 スクウェアのゲーム  

異論も多いだろうが、私は
スクウェアのゲームはあまり好きじゃない。
懐かしのSFCソフト 「FFⅣ」 「FFⅤ」 を
遊んだことがあるが
いきなり操作不能になり、キャラが勝手に
長いくっさい芝居を始めるのには参った。
「おいおい、私はそんなこと思っていねえよ」
みたいな、話の流れも強引な。

必ずメインキャラが死ぬもんで
まえもって攻略本で下調べをしておき
「こいつ、どうせ死ぬから初期装備のままでいいや」
とかやってると、
そのキャラがすんごい足手まといになり
戦闘も一段と厳しくなったりする。
しかも死ぬ予定のバトル直前に
そのセコい初期装備さえも全部剥ぎ取る自分が
すんげえ人でなしに思えて、それもこれも
スクウェアの設定のせいだと逆恨みさ!!

でも、「ロマサガ」 シリーズだけは大好き。
ただスクウェアのゲームは
ラスボスが異様に強過ぎるのがおっくうだ。
おまけにエンディングもこれまた長ーーーーーいので
時間をかなり浪費する。

ある日、「ロマサガ」 の1だか2だか忘れたが
死ぬほど (いや、マジでキャラ死にまくり) 苦労して
ラスボスを倒し、エンディングでその苦労をしのんで
号泣していたところに
元夫が突然、帰ってきて呆れ顔でひとこと。
「おまえ、幸せなやつだな」
・・・・・・感動の嵐もどっかに吹き飛び
ものすごい怒りが沸き上がったぜ。



 元夫の非ゲーム道

元夫はスーファミの 「ゼルダ」 で
城に行ってから話が始まるというに
しょっぱなから城へたどりつけずに
ゲームを投げ出したというゲーム音痴である。
パソで言えば 「電源入ったけど
 ネットにつなげられなーい」 みたいなもんだ。

その元夫に、里帰りしている隙に
レベル78まで上げまくった 「ドラクエⅡ」の
冒険の書を、全部レベル1に書き換えられてた
私の気持ちは・・・・・・・・・。

「ドラクエ」 のレベル上げは過酷なんだぞ!
レベルを1上げるのに
2時間ぐらいかかるんだぞーーーー!!
でも、その後、シャレにならない大喧嘩になったので
もう蒸し返すまい・・・はあ・・・。

そんな元夫がPS 「メタルギアソリッド」 で
遊んでいた。
元夫がゲームをするのは珍しいことである。
これでゲームに対する理解も深まることだろう
と見守ることにした。

だが、これは 「潜入」 ゲームなのに
わざわざ敵のまん前に突っ込んでガンを撃ちまくる。
「そういう遊び方じゃ、ダメだよ。
 弾数にも限りがあるし」 と、忠告したら
「どういう風に遊ぼうと俺の勝手だろ」
と怒り出したので
見て見ぬフリをしようとしたが
ゲーム中に攻略本のマップを見れないらしく
しかも案の定、妙な遊び方をしてるので
泥沼にハマったかのごとく行き詰まり
私が横から 「善意」 で 「優しく」
助けなければいけない状況になった。

まあ、元夫も私もいっぱしの大人なんだし
と、お互い広い心で協力し合おうとしたが
最初から最後まで、口汚いののしりあいが絶え間なく続き
スネークどころか、こっちの方が
よっぽどな夫婦の危機に陥った。
しかし、離婚原因が 「スティンガーが命中しない」
などとは言えるわけもなく
そこらへんは、ちょっと分別があったってことで
今に至っている。
PS2の 「メタルギア」 はまだ買っていない・・・。










夜間飛行

ゲランの香水。
サンテグジュペリの小説、“夜間飛行” を
イメージして調香されたそうな。

アラサーの頃に、この香水を使っていたんだ。
飼ってたアフガンハウンドがな、この香りが好きで
着けてると、スンスンスンスン嗅いでくるんだよ。
もう、ずーっと嗅いでるんで
「いい加減やめんか」 と怒るハメになるんだがな。
そういう思い出の香り。


香水は30代の頃に50数本試して
結局、好みの香りは
ポーラのファムファタールだけでな
香水って何か難しいな、と思ったわ。

ここ10数年は、すっかり香水を着けなくなってて
無臭の女でいたんだけど
最近、また香りに目覚めたんだ。

きっかけは柔軟剤。
レノアのオードリュクスの黒いボトルのやつが
私の好みにドンピシャで、使ってたんだけど
柔軟剤仕上げの洗濯物の触り心地が気に食わなくて
じゃあ、また香水を使っちゃおう、となったんだ。


でも、昔のように香水ジプシーするほどの
財力はない・・・。
だって好みじゃない香水はルームコロンにするしかない。
1万円するルームコロンて!

そこで、昔使ってた香水だよ。
10代の頃に使っていたニナリッチのレールデュタンに
するか迷ったけど、ゲランのカウンターに行ったんだ。

ゲランのカウンターに行って
夜間飛行はあるか訊いたんだよ。
パッと見、なかったんで。

そしたら瓶のデザインが変わってて
しかも何だか大きい。
すっげー嫌な予感がして
これ、いくらですか? と訊いてみた。

4万円!
1瓶の容量が30mlに増えてた。

昔は10mlで1万4千円ぐらいだったんだよ。
それを3個リピして4万になるのと
いきなり1個4万と、インパクトが違うじゃん。

こりゃ買えないな、と青ざめていた私に
カウンターのお姉さんが
夜間飛行のトワレをムエットに付けてくれた。

夜間飛行、トワレも出てたんか、と
何も買わずに帰ったんだけど
トワレでも良い香りでな。
ネットで買っちゃったよ。


夜間飛行がどんな香りかというと
今にそぐわない、クラシックな感じ。
はっきり言うと、古臭い。
昔はもうちょっとトップノートが爽やかだったんだけど
今のはトップから、もう濃厚。
香調が変わった気がする。

まあ、いいよ。
私は濃厚な香りが好きなんで
今の流行りの軽く爽やかな匂いじゃ
いまいち満足できないんだ。

夜間飛行は、トップから
通常の香水のラストノートみたいな香りで
悪く言うと、ババくさいかな。
ゲランのミツコもそんな香り。
ミツコはちょっと苦手な匂いだな。
どっちも仏壇系。
人にはお勧めしない。

ポーラのファムファタールは
それよりは軽くて、フローラル調。
いらん匂いが混ざってなくて、すごく癒される。
万人受けする香りだと思う。

ムスクとかサンダルウッドとかの匂いが好きだけど
意外にも、夜間飛行にもファムファタールにも
そのどっちも入ってないという不思議。


私は香水は自分のためだけに使う。
家の中にいる時だけ使って
外出する時は使わないんだ。

他人の香水の匂いて気にならん?
香害ってやつ。
それがあるんで、人と接する機会がある時には
香水を使わないようにしてるんだ。
他人の香水の匂い、良いと思った事がないんでさ。

叶姉妹がすごく良い香りだそうだけど
何の香水を使ってるのか、とても興味があるな。
専用に調合したやつを使ってるとか。

大阪にも調香師がいて
香りを再現してくれるそうだから
ファムファタールを頼みたいけど
いくら掛かるかわからんのが、怖い。

柔軟剤で好みの匂いがあるんだから
香水でももっと好きなのがあっても良いと思うんだけど
ほんと、これがなくてなあ・・・。


香水って、私にとってはほんと娯楽で
それに何万円も掛けられないんで
身分違いの趣味だと思う。

でも今はネットで安く買えるので
昔よりは良いかな。

良い香りを身に着けていると幸せ。


とな、それだけじゃ終わらなくて
武蔵野ワークスで遊んだ後
また夜間飛行に戻ったら
何と、香りが変わって感じられたんだよ。

古臭い重い匂いに感じていたんだけど
何か良い感じの香りに。

何でだろうなあ。
武蔵野ワークスで何か目覚めるんかな?





私が買ったのは、左のトワレの方。
“リフィル” と書いてあるけど
容器がそっけないだけで
ちゃんとスプレーして使えるから無問題。
パルファムは見落としてたー。
輸入品なら小さいパルファムあるんだなあ。
あ、ゲランはネットでもそんなに安くならないから
安心してカウンターで買って良いよ。



 
 
 

今の世に無香料のヘアケアなんて
すごく貴重かも知れないな、と思っていたら
無香料、ちょっとずつ出てきてるみたいだね。
やっとメーカーも、香害に目を向けはじめたか。
ヘアケアの匂いも、鼻につく時あるもんねー。
でも無臭も寂しい時あるから
適度な香りづけも必要かも。
だけど何年もあんだんてを使ってるから
香りがあったら、飽きちゃってたかもな。




まだあるよ、ナイアード。
残り2点が売れないなー。
これは、買っちゃいけん。
絶対に輸送中に劣化して臭くなるはずだから。
今日はアフィリも香りの話なんで言うけれど
このリップクリームの匂い、どうにかならんかなあ。
天然香料で、もっと良い匂いあると思うんだよ。
ミントはやめてくれ、荒れるから。
この変な香りが劣化すると
腐った油脂の匂いになるんだ。
一発で、あ、腐ったな、とわかるよ。
これはクール便で送るべき品だと思う。
ま、10月まで待つべし。






白球は天高く

私が生まれ育った山奥にも
近所の町に高校が一応あった。
そこにはとても弱いが、一応野球部もあった。

私が高校生だった大昔・・・・・
いや、まるで昨日のような、ついこの前の夏。
県予選大会があって
いつもは一回戦敗退が伝統の野球部が
何の間違いか、ついうっかり勝ってしまった。


そりゃあもう、町民は大喜び。
悲願の一回戦突破が成されたのだから。

「次は全力でいけばいいから」
負ける事前提で激励する町民たち。
私から見れば、失礼なこと極まりないのだが
町民たちには悪気まったくなし。
だって勝つはずがないのだから。

ところが町民たちの激励が、妙な方向に効いたのか
2回戦も勝ってしまった。
町民たち、狂喜乱舞。
まるで天女が舞い降りて
諭吉札を撒き散らしてくれたかのように、大騒ぎ。
「次は全力 (以下同文)」 と、激励続行。


しかし、喜んだのはここまで。
3回戦を突破した時点で、雲行きが変わってきた。

町民たちは不安にさいなまれるようになる。
「甲子園に1回行くのに
 最低1000万円 (当時レート) 掛かるらしい」
「それでもし1回戦を勝ったら、もっと金がいる」
「誰が出すんだ? そんな金、うちにはないぞ」
「金がないのを理由に辞退?」
「・・・・・・・」


私は県外の女子校に通っていたので
地元の高校は母校ではないし
うちの両親も地元出身ではないので
その高校とは何の縁も関係もない。
地元とは言え、うちの村からは
離れた地区にある学校なのだ。

何せ田舎だもんで、人口が少なく
生徒たちも、かなり離れた
四方八方な場所から集まっているのだ。
例えて言えば、広大な砂漠のド真ん中の
オアシスのようなもんだ。


なのに、うちにも来た。
「万が一、甲子園に行くハメになったら
 何とぞ募金を・・・」

とうちゃんは悩んだ。
「一体、いくら寄付すればいいんだ?」
こういう事態は、町民にとっても前代未聞である。

かあちゃんを、村の有識者たちのとこに送り込み
作戦会議。
「どうしましょう?」 
「おたく、いくら包みます?」
「うちも息子を県外の学校にやってるし・・・」
「・・・・・・・」


町議会の議題にもなる。
「とても町民の寄付だけじゃまかなえないでしょう」
「町が出さないわけにはいかないだろうし」
「しかし、どの予算から捻出する?」
「そんな余裕はないだろう」
「・・・・・・・」


町民たちは、対戦表と首っ引きで願った。
「○年前の県大会優勝校が勝てば、次にうちと当たる!
 頑張ってくれー」
敵に塩を送るどころか、明らかに寝返っている。


結局、地元高校は、確か準決勝で負けたと思うが
(例の○年前の県大会優勝校に)
負けた瞬間、町民たちは、ホーーーッと
心の底から安堵した。
町議会議員たちも会議室でTVを見て
胸を撫で下ろしていたそうな。


翌日、野球部員たちが帰ってきた時には
町民たちがこぞって駅まで出迎えた。
「残念だったな、応援してたのに」 
「次は優勝を目指して頑張れ」

地元が勝つのは嬉しいが、親たちが金がなくて
頑張った子供たちを、晴れ舞台に送り出せない
などという事態には陥りたくなかったのだろう。
親の威厳まるでなしになるからな。
にしても、そういう事をおくびにも出さず
負けて残念だと言い張る。


その夏は、ずっとこの話題で占められていた。
私が夏休みで帰省した時も、この話題が飛び交っていた。

村人たちは、その後何年も
TVで甲子園を見る度にこの経験を語り告ぐ。
当時の野球部員たちの耳にも入っていただろうに。

野球部は、ほどほどなところで負けるという伝統を
新たに背負わされた。


子供たちが、大人の事情とやらを知った夏であった。



ワセリン リップオリジナル

また値段を忘れたので、ネットで調べたら
500円弱。
何と内容量、表記なし。
写真のミンティアとの比較で判断して。

販売名称 UJリップクリームOA

vaselinelip.jpg


メイドインはアメリカ。

成分は、ワセリン、トコフェロール、BHT、黄4
というシンプルなもの。
実によろしい。
だけどしっかり着色しとんのだな。
何の必要があるんかな、色づけ。

トコフェロールは、確かビタミンEだったかな?
血行促進作用があるやつ。
リップクリームに、よくトコフェロール入ってるけど
唇の血行を促進させて、何なんかな。
ポッと赤くなるんかな?


使い心地は、当たり前だろうけど
ワセリンそっくり。
ワセリンに粘り気と保湿効果を
ちょっと加えた感じの使用感。

匂いはなし、ここは素晴らしい。
味もなし。
てか、3種類あって、無味無臭のを選んだんだ。

伸びは良いんだけども、もったりしている。
私はドッペリ塗る派なんだけど
塗った感がすごいの。
唇に何か乗ってる、って感じ。
重い使用感だな。

保湿力は弱め。
唇が乾燥する感覚がある。
口紅の下地には、ティシューオフすればなるけど
ティシューオフしたら、かなり乾くと思う。

もちも良くない。
密着力はまあまあ。
ヨレは結構ある。
ツヤもいまひとつ。


はっきり言って、50代ババアが使うには
ものたりない使い心地だったよ。
唇に異常はなかったけどさ。
このリップはお勧めしないな。
成分がシンプルだから、敏感な人には良いかも。

乾くんで、何度も塗り直してたら
使い切るのに、19日。
たったの19日!
さすがの私も、使い過ぎたか? と、ビックリ。

いくら元の値段が安いと言っても
これじゃ1000円のナイアードの方が
断然コスパが良いよ。
塗り過ぎの私でも、2~3か月もつもん。

それにな、リップブラシがベトベトになるんで
キュッキュ拭いていたら、壊れたよ。
ブラシの毛がスッポリ抜けてやんの。
そんなに使ってなかったのにー。
ブラシ代1200円だったかな
それも足すと、えれえ高いリップになっただよ。

残り少ないとこで壊れたんで
新しいブラシをおろす気にはなれなくて
あとは指で塗ってしのいださ。
もう、手指ベッタベタ。
良い思い出のないリップクリームになってしもうた。


貴重なワンタッチブラシが壊れた虚しさは置いといて
エテュセを使っている時から思ってたんだけどさ
リップクリームをブラシで塗るじゃん。
ブラシにたっぷり取るからか、わからんけど
ブラシが異様に汚れるんだよ。
それをティシューでぬぐうのが面倒くさい!

ナイアードは、こんな事ないんだ。
軽いバーム状だからか
どんなに多くブラシに取っても
唇の上をすべらせれば、全部唇に移動して
ブラシを拭かずにしまえる。
だからブラシを使うのが億劫じゃない。

これは、すごい事だと思う。
ナイアード、軽くて潤う最強のリップなんだな。

結局、ナイアードマンセー。



 
私が使ったのは、左のポッドタイプだけど
何と、スティックタイプが出てるよ!
これに関しては、スティックタイプの方が
使いやすいかも知れない。
けど、お値段が何と1000円。
何でこんなに高いの???


 
こっちは輸入品のワセリンリップクリーム。
何か、ときめかない?
これ、買ってみようかな。
同じようなものだとは思うんだけど
惹かれるー。




 
 
 
 
シャンプーのお試しセットのピンクの方は
ボディーシャンプーだそうな。
私は石鹸派なんで、ボディーシャンプーは試していないな。
肌が敏感な人向けだろうな。
トリートメントのお試しサイズ、2個あるのは良いんだけど
値段が100円以上違うの。
どういうこっちゃ?
私は右の安い方をお勧め。
信頼と実績のケンコーコムだから。
いつもあんだんてはケンコーコムで買ってるんだ。



まだあるよ、ナイアード!
でも、シアバターをネットで買ったら
ドロドロになって配達されてきたから
今の時期のナイアード買いはお勧めしない。
じゃあ、何で貼ってるか、っちゅうと
驚いたからだ。
ただ、そんだけ。
残り11個だって。





FC2Ad