FC2ブログ

天使か悪魔か

リアルババアあしゅのいらん事言いブログです。 週一更新。 昔の記事は http://maho.lomo.jp/nashural/ に。

タブレット

ガラケーの私は、タブレットを併用している。

と言うのもな、ケータイ、ほんっと使わないんだよ。
1年前のメールが残ってるほど。
通話もほぼしない。
唯一活用してるのが
ブログに載せる画像の撮影という有り様。

スマホに替えようか、一時期悩んだけど
ガラケーですら家に置きっぱなのに
大きめのスマホなんて、絶対に持ち歩かないわ。


と言う事で、タブレットを契約してみた。
これ、良いなあ。
いちいちパソコンを立ち上げなくても
パパッと検索できるし
スマホゲームも出来るし
持ち運べるから、台所でレシピサイトも見られる。
トイレでグーグルアースも眺められる。

すんげー使ってるよ。
今じゃ、パソコンをするより
タブレットを使う時間の方が長い。
タブレットのお陰で、すげえ暇つぶしができてる。
立ち上げ時間がない、って、ほんと便利!


タブレットを使い始めてから
逆にスマホも持てば活用するんじゃないか?
と思うんだけど、画面の小ささが難点でなあ。

タブレットで、ギリ許容範囲なら
スマホは小さ過ぎるよな。

でも出掛けてる時に、道案内とか
待ち時間の暇つぶしとか
考えると、魅力あるよなあ。


ずっと悩んでいるんだけど、答が出ない。
そもそも “携帯電話” を使わない
という点で、スマホ、いらないんだ。

ここまでちゅうちょする理由は、契約金額の差。
スマホかガラケーか、っちゅうたら
完全にガラケーの方が、料金が安いんだよ。
使わないものに、そんなお金かけたくない。

・・・と言う事は、タブレットをやめて
スマホにしたら・・・。

いや、タブレットの使いやすさは捨てられない。
ああーーー、先にタブレットなんかにするから
画面の大きさに魅了されて
スマホへの踏ん切りがつかないんだよなあ。

いやな、タブレットを使うまでは
まさかこんなに重宝するとは思わんでなあ。

こんな事なら、タブレットを知らずに
スッとスマホにしときゃ良かったよ。


タブレットを持ち歩けば、という提案は却下。
ガラケーですら重いと感じるのに
こんなデカいものを持ち歩くかい。

と言う事は、スマホも持ち歩かない、って事だよな。
でも使ってみたら、すんげえ便利だろうし
買ったら手放せなくなるかも?

ああああああああ、答が出ない。


今ガラケーの人、
タブレットは絶対に使うべからず。

タブレットの画面の大きさに慣れると
スマホへの道が益々遠くなるぞ。


はあ・・・
タブレットの自慢をしようと書き始めたんだけど
グチになっちゃったい。

タブレット、ほんと便利だよ。
パソコンも、デスクトップから
ノートに替えようかと思ったぐらい。
でも何でも小型にすりゃ良いってもんでもないわな。

私のスマホへの道は続いているのか?



 
私が今使ってる化粧品。
化粧水は、スプレータイプだから手軽。
クリームは、軽いのに潤うんだ。
真冬でも、この2つで大丈夫。
成分は、私一推しのセラミド。
肌のバリア機能を守ってくれる。
アルージェ、もう5年以上使ってるよ。
それで乾燥した事なし。
私の肌は、薄い混合肌。
ぜひ、お勧め!



 
私の髪質は、剛毛の多毛。
硬くてコシがある毛質だけど、すぐ傷む。
摩擦に弱いのかな。
洗髪した後、すぐ乾かさないと傷む
って言うじゃん、あれ、嘘だと思う。
私の場合、ドライヤーで一発傷むから。
美容院でプロにやってもらっても傷むから
行きつけのところでは
生乾きで終わらせてもらってる。
いくら常識になってても
合わないな、と思ったら
やめる勇気も大事だと思う。





他のリップクリームのお試しが終わって
やっとナイアードに戻ってこられたよ。
久々のナイアード、使った途端
あまりの軽さに驚いた。
なのに、どのリップクリームよりも
持ちは良いんだ。
私が他のリップクリームを気に入らないのは
持ちが悪いからなんだ。
時間が経つと潤いがなくなる。
飲み食いすれば、一発落ちる。
結果、何度も塗り直しが必要になる。
このナイアードは、持ちが最高に良いので
塗る回数は、最小限で済む。
ほんと、お勧め。




意識の整理

2006年の記事。


夢をみた。

かあちゃんの入院についていったという設定なんだが
かあちゃんが 「こんな部屋イヤ!」 というので
(うちのかあちゃんはこういうヤツなんだ)
最上階の見晴らしのいい部屋に変わった。

で、途中は省くが、入院中に仲良くなった他の患者に
「今日帰るんだ。 かあちゃんが死んじゃったから」
と言うシーンを、目覚めてから思い出して、ふと思った。

夢の意味については色々説があるだろうが
(どうでもいいので調べてない)
もしかして、夢には記憶の調整や
整理の目的があるんじゃないだろうか。


フロイトやユングが夢判断をしている
と聞いた記憶があるが
何でもかんでも性に結び付けているという批判もある。
いや、詳しくは知らん。
各自で調べて私に教えれ。

ネクタイを男性器の象徴だと言ったのは誰だっけ?
私には、あれは首輪と縄にしか見えんぞ。
労働者の制服なわけだろ?
奴隷時代の名残りじゃねえか?
何をどうしたらあれが男根に見えるんやら。
目が腐っとるぞ。


と、そういう事はどうでもいい。
毎晩欠かさずに夢を見て、それをしっかり記憶している
そこまでいったら睡眠障害の称号ゲットの私の経験上
夢というのは、脳内仕分け作業のような気がする。

辛い時には楽しい夢を見て
精神のバランスを取っているフシがあるのだ。
他の記憶も、都合のいいように解釈をすりかえたり
記憶した出来事の気付いていない意味を付加したりと
夢でやってても不思議じゃないだろ?

あ、夢でやってるというより
やってる作業のせいで夢が生まれるんかも!

ほら、男性がエロAVを早送りして
都合のいいとこでストップかけるだろ。
その時に早送りをしている最中の
意味ねえ画像表示のように
脳の作業中に脳に映し出される画像が
夢として残るんかも???


しかし、それでは意味がつかない現象も
起きているのである。

学生時代の私も、相変わらずお金に無頓着で
仕送りがある日をすっかり忘れているような
アホだったんだが
仕送りの日間近になると、白い蛇の夢を見るのだ。

これだけだと、忘れている予定日を
脳がお知らせしてくれてる、と
いう説明で大納得な上に
自分のタイマー機能にうっとりするんだが
問題は臨時収入がある前にも
この白い蛇が夢に出てきていた事だ。

それも二度三度ではない。
全然関係ない時に、白い蛇の夢を見て
何のこっちゃ? と、思っていたら
かあちゃんが気まぐれな送金をしてくれたりで
激しくビックリするので覚えているのである。

ここで注目すべきは、何度となく
気まぐれな小遣いをくれる
かあちゃんに対してだろうが、それはおいといて
この白い蛇の夢は、一体何なんだ?

予知か?
だが、私に余分な能力は一切かけらもない。

他に考えられるのは、かあちゃんから私への念
つまり、テレパシーなのだが
貸したお金が戻ってきた、みたいな時にも
白蛇はチョロチョロしていたので
テレパシー説はちょっと薄い。

やはり、予知だと考えるのが自然なんだろうが
それは20歳前後の数年だけの現象で
今は白いどころか黒い蛇も、まったく出てこないので
それだと、意味のない時期に
意味のない能力を意味なく発動させて
自分の限りある能力をえれえ消費した気分で
ほんっと惜しくてしょうがない。


白い蛇の夢は特殊な事例として考えると
夢というのは、やはり記憶の調整のような気がする。

私は普段、すげえ大量の情報を摂取しているが
ゲームにハマると、入手する情報量がゴッと激減する。
(ゲームというのは
 そういう意味でバカを育てると断言できる。
 子供には当然お勧めしないし
 大人でも余暇にすべきだと思うぞ)
そういう時の夢は、何というか・・・ちゃちいのである。

普段の生活をしていて見る夢が映画なら
ゲームにハマっている時に見る夢は
便所の落書きみたいなもんか?
(あれもある意味アートだが)

入ってくる情報量によって、夢の質が変わるという事は
元々の脳の質や作りはそんなに
急激に変化するわけではないので
脳の働き方が変わっていると想像できる。


私の今の説は
「夢は脳の深夜残業 (超過手当てなし)」 である。
フロイト、おめえの脳はエログロ一色じゃあ!





中耳炎

ツイッターでブーブー言ったんだけれども
また中耳炎になったんだ。

風邪を引いて、最初にのどが痛くなって
次に鼻が詰まる、というのも
こないだの年末の大風邪と一緒。
ただ、熱は出なかったし、各症状も軽かった。

でも鼻が詰まったあたりから
頭がボワンボワンしだして
風邪が治ってから、耳が聴こえなくなったんだ。


うわー、また、あの地獄の耳鼻科かあ
と、ツイッターでグチグチ言った。

鼻に器具を突っ込まれて
耳をチュウチュウ吸われる、あれ。
とてつもなく不愉快なんだ。
麻酔が切れたあと、のどが痛くなるし。

もう、嫌で嫌で、夜うなされるほど。
でも行かねばならぬ。
治療をしないと、耳が聴こえないままかも。


ドキドキしながら耳鼻科へ行ったよ。
前回も若いお医者さんだったけど
今回はもっと若い。
20代じゃないのか?
私の子供でもおかしくないぐらいの年齢。

その若い先生に
いやいやいやいや言うて、吸引を回避した!

治りが遅くなるらしいけど
前回も吸引して良い事など思い当たらないし
回避して悔いなし!

実にスッキリした気分で
治療をせず、投薬だけで済ませて帰った。

あの吸引さえなければ、耳鼻科、恐れるに足らず。

と言いたいところだけど
耳にスコープを突っ込まれたのはヒヤヒヤしたよ。
耳鼻科の検査、どれもこれも怖えええ。
私の心にちょっと影を落とした。


という事で、私はいつまでかはわからんけど
耳が聴こえない人でいる。

この世の中は、弱者には厳しい。
障害者になって初めてわかる、住みにくさ。

誰も彼も、声が小せえ。
聞き直した時だけ、ちょっと大きくなるけど
次の言葉は、やっぱり小せえ。
「この人は聴こえないんだ」 と、認識して
徹頭徹尾、大声で話してくれんかのお。


まあ、私が風邪を引いたのが悪いんだし
って、私、これから
風邪を引くたびに中耳炎になるんか?
そういう回路が開いちゃったんか?

だとしたら、やべえ。
前回の中耳炎が完治したあと
ちょっと聴力が衰えたんだよ。

今回の中耳炎でもちょっと衰えしてたら
その内、本当に耳が聴こえなくなるんじゃないのか?


インプラント貯金はしてる。
補聴器貯金も始めるべきだな。
補聴器、高いもんな。

故とうちゃんの、40万ぐらいしてたよ。
20年前で。
それで合わなくて、使うのやめてた。

今、補聴器っていくらだろ。
安くなってれば良いな。


あ、そうそう、あまりにTVの音が聴こえないので
スピーカーを買ったよ。
TVの音を近くで出してくれるやつ。

音が聴こえないからって
ボリュームを上げても、あまり意味ないんだ。
人の声は聴こえず、効果音とかが大きくなって
耳障りなだけなんだよ。

どうも、聴こえにくい音ってのがあるみたいで
昔から聴いてた音楽も
違う曲に聴こえるようになったんだ。

どんな音が聴こえにくいのかは
聴こえてないからわからないけど
人の声が一番聴こえにくい気がする。
厄介・・・。

今は、そのスピーカーを真横に置いてる。
私、耳が寝てるから
正面からより横からの音の方が聞きやすいんだ。

やっとTVで何を喋ってるか聞き取れるようになったよ。
このスピーカーのお陰で
近隣の人にも迷惑をかけずに済む。

前あったじゃん
隣のおばあさんのTVの音がうるさい
っていうご近所トラブル。
うちもああなるとこだった。
文明の利器は使わないとな。


いつまで耳が聴こえないのか
果たして本当に耳は治るのか
聴力は戻ってくるのか
吸引した方が良いんじゃないのか

不安は尽きないけど
当分は辛抱の日々だな。
すいませんすいません言って、聞き直すよ。


何か、“聞く” と “聴く” が、ごっちゃだけど
変換頼りに書きなぐったんだ。
このふたつの違いがよくわからない。
誤字、ごめん。




私が買ったのは、これ。
単3電池4本を使うんだけど
すげえ消耗が早いんだ。
2日ぐらいでなくなる。
だから付属のコードで電源を取ってる。
電気代がかかるんじゃないかとヒヤヒヤ。
性能は、満足。
人の声がよく聞こえるようになるボタンがあって
私にはそれが必須。
わかってらっしゃる。
TVを点けた時は、電源を入れにゃいけんけど
TVを消したら、連動してオフになってくれる。
そこも便利。


 
 
ちょっとお高いシャンプーだけど
使う量が少なめなので、長持ちするよ。
1回に1.5プッシュ。
ドバッと出ないので
普通のシャンプーよりは、消費しないと思う。
ああ、どうかな。
他のシャンプーをお試しで使っても
気に入らないから
早く使い切ろうと、ドバドバ使うんだよね。
そんで、髪を傷める、と。
あんだんての場合、落ち着いて使えるから
長持ちしてるのかもしれない。
ま、そんだけ気に入ったシャンプーがあるのは
幸せな事だと思うよ。
この幸せを皆にも。



 

このリップクリーム、ガンガン消費するけど
使う量は、上下の唇に耳かき1杯ずつ。
これで厚めに唇を覆ってくれる。
ラップを乗せるリップパックも、この量で充分。
飲み食いしても落ちにくいのが
他のリップクリームと違うとこだな。
持ちがものすごく良いんだ。
それって、なかなかない事なんだぞ。
何度も塗り直す必要がないから
唇への刺激も最小限、って事だし。
口紅の下地にするなら
使う量はもうちょっと少なめか
多めに塗ってティシューオフか。
でも、このリップクリームを塗っていれば
唇がきれいな色になってくるから
口紅もいらなくなると思う。
そんぐらい、違う。
絶対お勧め!



デンジャラス・ネイチャー

2006年の記事。


ドドド田舎に生まれ育った私独自の定義として
コンビニが1個でもあれば、村じゃなく町!
デパートが1個でもあれば都会!!

「何だ、そのユルい設定は?」
と、思われるかもしれんが
コンビニどころか、スーパーすらなく
かろうじてある個人商店ですら次々に潰れていく
田舎に住んでみい?
コンビニのある場所なんか
ディズニーランドのごとく華やかに思えるんだぞ?

ちなみに、個人商店が潰れる理由は店主の寿命切れ。
まさに高齢化社会の恐怖が身近に存在する暮らしである。

アメリカの田舎でも、家が数軒ぽっちの村とかあるが
日本の田舎の特徴は、周囲が山に囲まれ
閉塞感がものすごい点だ。
砂漠だろうが荒野だろうが
平地なだけ、まだマシな気がするが
どっちもどっちかも知れん。


都会は危険で、田舎はのどかだというのは
誰でも持っている定番のイメージだが
ここにも常識の嘘がある。

都会の危険は、主に人工だが
田舎の危険はネイチャーメイドなのだ。
人間は大自然には勝てないと言うが、まさにその通り!

ぶってえツヤツヤなムカデが部屋を這ったり
でけえ蛾が壁の色に同化してへばりついてたり
自転車のチューブほどのミミズが出没したり
青大将がスーパーボールを飲み込んだり
通学時に生徒たちが蜂の大群に襲われたり
池にガマガエルが何故かほとんど動かずに定住してたり
猪が田んぼで集会をしてたり
靴の中に丸々青虫が入ってたり 
 (画びょうのがまだマシ)
頭と尾が黒い球体で胴体がオレンジ色の
毛虫?が大発生したり
ネズミやイタチが天井裏に生息して
捕食関係を繰り広げていたり
人間が彼らのテリトリーに入っているんだと
つくづく思い知らされる。


危険なのは生き物だけではない。

ちょっと裏山に入ると
遭難の恐怖が待っているのは当然で
私も数度ヤバい目に遭ったが、自力で脱出したせいで
誰も私の緊急事態には気付いてくれず
訴えてもねぎらいなし。

私の友人は、通学路
(ガードレールなし) (しかも国道) から
自転車とともに2m下に転落し
2時間後に人が通りかかるまで
助けを求めて叫び続けたという。

「2m下に (自転車と) 2人で、2時間後って
 2が揃ってて目出度いねえ」
という私の感想は冷たく無視された。

山を越えて通学をしている別の同級生は
クネクネの道 (砂利道)
(ガードレールほとんどなし)
(しかもこっちも偉そうに国道) 
をバカ正直に歩くより真っ直ぐに降りた方が早い
と、しごく正論な考えで
ショートカットを決行したところ
あまりにも急降下だったので
ふんばりきれず転げ落ち、林業の人に発見救出され
普通、まず病院だろ、と思うのだが
学校まで連れてこられ
全身ケガだらけだったが
それが奇跡的に打撲とかすり傷だったのが災いして
緊急全校集会で校長先生に怒られていた。


ついでに言えば、田舎の人も危ない。

自分の部屋で着替えをしていると、庭を横切っているし
居間でTVを観てると、縁側にいつの間にか座っているし
飯を食ってると、突然ふすまが開き
入って来るばかりか、飯までしっかりご馳走になるし
うちの家は、塀も門もチャイムもあったのに
それがまったく意味なし。

てか、うちの北は崖、西と南は段々になってる田んぼで
よじ登らないとうちにたどり着けず
うちに用事がない限り庭を横切る必要性が
まったくないつくりなのだが
無法地帯のごとく
周囲を誰がウロつくかわからん状況になっていた。


鍵が閉まっていると
「どうしたの?」 という土地なのだが
犯罪がないわけではない。

友人の近所の家は、6人だか7人だかの家族が
全員在宅している時に
奥の部屋が空になっていた。
どうやら全員が居間に集まってTVを観ていた時に
トラックを横付けされ
家財一式を持っていかれたらしい。
しかも真昼間。
この話を聞いた時、友人一同で大爆笑したが
よく考えるとこれ笑い事か?

他にも、歩いている子供を
「送ってあげる」 と、車に乗せ
その子の家まで行って、親に 「送り賃500円」 とか
何か充分に危ないと思うんだが、払う親も親である。


今もこの田舎に住んでいる友人と連絡を取り合っているが
携帯が使えるのが不思議でしょうがない。
あそこで受信可能なら
今や日本全国、圏外なし、って感じだ。