FC2ブログ

天使か悪魔か

リアルババアあしゅのいらん事言いブログです。 週一更新。 昔の記事は http://maho.lomo.jp/nashural/ に。

憎いTV番組

2007年の記事。


誰もが持っている “嫌い” な番組ではない、
“憎い” 番組が私にはいくつかある。
理由は、チャンネルの覇権を持っていた
うちのとうちゃんが、好んでよく観ていたからである。

面白ければ良かったのだが
私は遅くにできた子だったので
祖父と孫ほどもある年代差は
ジェネレーションギャップが激しい。

毎日毎日、つまらんTVがガアガア鳴っていて
ガキ間で流行っている番組など観られた事もなく
私の自由なTVライフは唯一、下校時から
とうちゃんが帰宅するまでの
短時間のアニメ再放送のみだった。
(うちのとうちゃん、夕方5時には
 帰宅しやがっていたのだ)


まず、NHK。
一生分をガキ時代に無理矢理観させられたから
今後観る事は二度とないと断言できる。
もう根こそぎ日本から消滅していいから。
アフリカとかに移転してくれ。

特に大河ドラマ。
歴史好きのうちの両親が死に物狂いで観てたんだが
その後、論争が始まる。

事実はこれと違う、とか、いや
○○家は○○家の流れを汲んでいるから、とか
何を言っとるのか、さっぱり理解できなかったが
うちの親は揃いも揃って、江戸時代の歴代将軍はもちろん
歴代天皇、元号まで全覚えしていて
百人一首の丸暗記の話も含めて
「あなたもいずれ学校で全部覚えないといけないのよ」
と、登校拒否になりそうな脅しを掛けてくれた。

いつその時がくるか、ものすごくビビっていたのだが
そんな要求は1個もされなかったよ。
元号なんか、明治からしか言えんわ。
幼児に意味ねえトラウマを植えつけるなよ!

とは言え、両親の知識と私の学習内容は
すげえ違っていた。
教育ってかなり変わるんだなあ。


次が相撲と野球中継。
この2つは別個に文句を書き連ねたいほどなので省略。

ただ、相撲の八百長問題が取り沙汰されているが
絶対王者のいる世界では、大なり小なり
阿吽の呼吸みたいな暗黙の了解はあると思うんだが。

いずれにしても、メタボリック肉襦袢が
裸で絡み合う情景など
ある種のマニアじゃないと正視に耐えないぞ。


最後が、笑点とサザエさん。
笑点は一発変換ができず、ホッとした反面
“笑” の字がなかなか出てこず
イライラさせられたぞ。
まったく、どこまで迷惑を掛けてくれるんやら。

言わずもがな、まっっったく面白くないから嫌いなんだが
それを毎週毎週流されてみい。
あの ♪ッチャチャ チャラリラ ッチャッチャ~♪
という、ふざけたテーマ曲を聞くだけで
ちゃぶ台返しをしたくなるほど、情緒不安定になるわ。

帰省した時に、兄がこれに
チャンネルを合わせやがったんで
激しく激しく激しく驚愕したため、わざわざ出向いてまで
「へえ~、笑点なんか観るんだあ~。
 ・・・・・・・・それ、面白いんだあ~。」
と、仁王立ちの上から見下ろしで
冷徹な視線と口調で言ったさ。

それで兄妹仲が悪くなっても悔いはなし。
笑点を観るヤツなんか、クソくらえだ!

その後、仕返しのつもりか
心霊番組や犯罪番組が始まると
「おい、おまえの好きそうな番組が始まったぞ!」
と、いちいち伝達に来るようになりやがった。

わかってるよ! てか、既に観てる真っ最中だよ!
隣室でドアも開けてりゃ
音がそっちにもダダ聴こえだろうに。

自分から売ったケンカとは言え、TV番組ごときで
ひじょーーーにくだらん、嫁姑の争いのような
せせこましいイヤミのし合いをしているうちの兄妹仲は
果たして良いのか悪いのか。


サザエさんには異論もあるかと思う。
私も全体的には嫌いではない。

だが、カツオが大大大大っっっ嫌いなのだ。
あのラクして得したいという
ちゃっかりした小賢しい言動が、見ててウンザリする。
私の一番嫌いなタイプである。
私は真面目でコツコツのワカメタイプなんでな。 ふん

うちのとうちゃんも、「カツオはロクでもないな」 と
本気で怒っていたので、じゃ、観なきゃいいじゃん と
心の底で哀願していたが、文字通り死ぬまで観ていた。

そういや、今思い出したが
サザエさんが嫌いな人って周囲に結構いた。
理由は、この番組が始まると日曜も終わりで
明日からまた仕事だ、とゆううつになるというもので
私の私怨とはまったく別次元の話だったが。

ふとした時に、サザエさんの音楽を耳にすると
それがいつであれ、そのゆううつが蘇るんだと。

その気持ち、よくわかる。
私も、♪ッチャチャ チャラリラ ッチャッチャ~♪
を聴くと、義務で観なくてよくなった今でも
ものすごく不運な出来事に遭遇したような気分になる。


嫌なら他の部屋に避難すりゃいいと突っ込まれそうだが
絶対君主とうちゃんの考える一家団欒は
家族一緒に、(自分が観たい)TVを観る事だったようで
とにかく居間に詰めてないといけなかったのである。

まったく、どういう感覚なのか。
ものすげえ迷惑だったよ。 (特に大晦日!)


うちのかあちゃんも、とうちゃんの選局には
内心不満があったのか
隠居した途端、実家のTVはひとり1台になっていた。

とうちゃんはブツブツ文句を言っていたが
2人暮らしなのに、何故かTVが4台まで増え
あとの2台はご先祖様用かい! と思ったが
かあちゃん曰く、TVゲーム用だと・・・・・。

(老後のヒマ潰しに、とうちゃんに囲碁ソフトと共に
 スーパーファミコンを買ってあげたのだが
 かあちゃんが麻雀にハマったので
 スーファミも2台に増えた。)

それは単なる言い訳で
(にしても、どういう言い訳なんだか)
数十年に渡るとうちゃん押し付けのTV番組への
かあちゃんの鬱屈は、私の比ではないと思われる。
1部屋1台になっていたとしても、私は責めんよ。



2019年 追記

あんだけ憎んでたNHKな
契約してしもうただよ・・・。
最高裁で支払い判決が出たんでな。
違法行為はしたくないもんな。

ほとんど観てはいないけど
今度NHKから、刀剣乱舞のDVDが出るんだ。

契約して良かった!

堂々と予約したよ。
NHK、ありがとう!!!





あごだし

ここ数年、うちには味噌がなかった。
だって、使い切れずに腐るんだもん!
お陰で、味噌汁は永谷園の夕げ。


今、あごだしがブームなんかな?
スーパーの出汁コーナーに専用棚までできてるよ。
あごだしと言えば、福岡の雑煮ぐらいしか
思い浮かばない、縁のない出汁だったけど
広島のうどん屋さんが
あごだしの自動販売機を出してて
それが売れてる、ってTVで観て
俄然、興味がわいてきたんだ。

そこで、あごだしのパックを買って
ナスの煮浸しに使ってみた。

美味え!

すっかり、煮浸しにハマる。
煮物も作ってみたりする。
あごだし、濃厚で美味いなあ。


今までは、出汁は主に
かつおと昆布の合わせ出汁だったんだ。
でも、昆布がイマイチでな。

昆布って、下処理を間違うと
途端にホコリ臭くなるじゃん。
かつおぶしも何か微妙だし
私には、出汁の味はわからないんだ、と
無造作にほんだしを使っていたんだよ。

それがここに来て、あごだしの美味しさに開眼。
ここ数年、作ってなかった味噌汁を
作ってみようかと思い立つ。


あごだしの素を数種類と
九州の麦味噌、っちゅうのを買った。
味噌は、やっぱ生まれ育ったとこのだな。
私はしじみの味噌汁が一番好きなんだけど
九州の味噌は、しじみとよく合うんだ。

で、あごだしで作った味噌汁は

え? しじみの味噌汁?

と、錯覚したよ。
具はえのきなのに。
そんぐらい、コクがある。
うんめえ!
かつおと昆布の時と全然違う。

私は濃いめの味噌汁が好きで
かつおと昆布の出汁の時は
味噌を多めに入れていたんだけど
あごだしの場合は、ごく少なめの味噌で
出汁の味を前面に押しだす方が美味しい。

味噌汁、ほぼ毎日飲むようになったよ。
煮浸しをする時は、味がかぶらないように
味噌汁にあごだしを使ったら
煮浸しにはかつおだしを使うようにしてる。
ま、こんなの、基本中の基本だけど
大雑把な私にしては、手間をかけてるんだ。


騒音家族事件から、ウツウツして
ご飯なんてどうでもいい、と
駄菓子を食いつつ
最低限の調理しかしてなかったんだけど
外食で、オクラとみょうがの美味しさに目覚めたのが
すっげー嬉しくて
“一品手作りキャンペーン” を始めたんだ。

ネットでよそんちの晩御飯を見ると
すっげえ食ってるんだよな、皆。
私もちょっと見習うべきかな、と
量は少なめだけど、品数を一品増やしてみたんだ。

サラダも、カット野菜ばっかりだったのを
キャベツを買ってきて、切るようにした。

こんなの、またしても基本中の基本なんだけど
食に興味が薄かった私は、料理が大嫌いなんだ。
食事に手間をかけるなんて、だ。

それが、味噌汁ともう一品作るのを
丁寧にするようになってから
ちょっと食べる事に興味が出てきた。
無意識に一汁三菜になってるし。


そんで、めんつゆとかマヨネーズとか
手作りしちゃってんの!

調べて知って、試してみたんだけど
意外と簡単にできるんだよ。
買うより美味しいし。

私、生きてきた中で
今が一番、料理しているーーー。

だけどレパートリーが少ないので
ネットで、レシピを検索する日々。
私がまだ知らない野菜で、美味しいのないかな。


九州にいた頃は、体がしんどくて
栄養に気を遣っていたんだけど
関西にきて、健康になってからは
逆にずさんな食生活になってしもうた。
料理なんて、したくもなかったしな。

それが、外食ができるようになって
食べられるものが増えて
結果、家でも楽しく食事をするようになった。
まさか、ここにきて、食べる事が楽しくなるとは。


人間、どう変わるか、わからないよな。
50代になっても変わる自分に
びっくりさせられるよ。




何種類か使い比べて
うちの定番はこれになったよ。
雑味のなさと価格と使いやすさで。
粉の分包なんだ。
お手軽で美味しい!



 
 
シャンプーした後
何分ぐらい洗い流してる?
実はな、皇室御用達の美容師さんが言うには
7分間、みっちりすすいでください、そしたらハゲません、と。
それで発毛した人がいるそうな。
私、割に念入りに洗い流すんだけど
計ってみたら、3分だったよ。
7分の半分にも満たない・・・。
7分洗い流し、至難の技だけど
薄毛の人、試してみて。


 
 
花粉症で鼻の下カピカピの人、
これを薄く鼻の下に塗ってみて。
荒れからガードしてくれるんだ。
ヒマワリ油とミツロウと天然香料だけの
シンプルオーガニックだから
肌にも負担が少ないよ。
私も、乾燥する時なんかは
唇にこれをブラシ塗りした後
指で薄く口周りに伸ばしてる。
ニキビとか、なんない。
唇周囲の縦ジワが気になりだしたから
早めにケアしなきゃ、というお年頃なんだ。



アイスなバイト

2006年の記事。


親戚の近所の人が働いている店が
日曜だけ店番がいない (何だ、そりゃ) という事で
何故か私に白羽の矢が突き刺さり
バイトをする事になった20代半ばの春。


店は、自然派? 健康? な手作りアイスクリーム屋で
10種類ぐらいのフレーバーがあり
それぞれに加糖とノンシュガーがある。
店長は30代男性で、店員は30~40代の女性数人。

私は日曜だけの店番なので
滅多に店長以外の人とは会える機会がない。
店長も営業だか何だかわからんが、常に店外にいるので
ほぼ一日、店内でひとりボーッとしている日々であった。


というのも、この店、客がほとんど来ないのである。
ひとりも来ない事もザラで
何で店番が必要なのかがわからない。

店長が 「何でお客さんが来ないんだろうねえ?」
と、ボヤいた時に
あっさりと真の答を出してあげた。
「そりゃ美味しくないからでしょう。」

店番をしている時は、どんだけアイスを食ってもいい
と言われてたので
命令?通り、しこたま食いまくっていたので
よくわかる。

「この味でハーゲンダッツと同じ値段なら
 皆ハーゲンダッツを買いますって。」
「でも、これは糖尿の人も食べれるんだよ。」
「よく言うわ、味付けにジャムとか使ってて。
 糖尿には果糖も悪いんですよ。
 あと、いくら健康に良くても
 不味い菓子などわざわざ食わない。
 菓子ってのは嗜好品でしょ。」
「これはちゃんと○○ホテルの料理長に
 味を見てもらったんだよ。」
「・・・でも、不味いですよ?」

店長は、「そんな事はない!」 と、信じきっていた。
こいつの味覚はどうなってるんだ?
と、追求しまくりたかったが
バイトしたての新人があまり言うのも失礼だと
(既に散々言いまくった後にやっと) 思い
それ以上叩くのは控えた。


全部が全部、不味いわけではなく
不味い中にもまだマシ、ってフレーバーもあるので
お客さんがいきなり現物を買おうとした時は
必ず味見を勧めるという、良心的なのか営業妨害なのか
かなり微妙な販売をさせてもらった。

「不味いからいらない」
と、手ぶらで帰る客はいなかったんで
やっぱり商売は誠実さが一番。
・・・リピーターはひとりもいなかったが・・・。


そんなある日、ひとりの中年男性が店に入ってきた。
「いらっしゃいませー」
その男性は小さい声で言った。
「あの・・・サーティワンはどこですか?」

一瞬、聞き間違いかと思った。
アイス屋で、他のアイス屋を聞く
アホウがいるとは思えなかったからだ。

しばし固まった私の前で、その男性はおどおどしている。
店の前に停められた車を見たら
中に子供と機嫌の悪そうな奥さんが乗っている。

しつけの悪いガキが 「アイスーアイスー」 と泣き喚き
鬼嫁が 「あんた、そこで聞いてきて!」
夫 「そこもアイス屋だけど・・・」
鬼嫁 「そんなわけのわからないところのはイヤよ!
    サーティーワンって言ってるでしょ!」

というシチュエーションが一瞬で脳裏に想像でき
この、いかにも気の弱そうな男性が気の毒に思え
にっこり笑って、道を丁寧に教えてあげた。

「ども・・・」 と
社会人とは思えないような挨拶をして
そそくさと帰っていく男性を見送りつつ
色々大変だなあ、と、虚しくなった。


相変わらず閑散としている店内で
くそマズアイスをつまみ食いしていたら
店の前を、こちらを凝視しつつ通り過ぎる
若い男性がいた。

本格的に食おうと皿にアイスを盛っていたら
またその男性が通って行く。
盛り付けたアイスにチョコソースをかけたら
どういう味になるかと
ジュルジュルと液体チョコのチューブを絞ってたら
また通っている。

変質者さんかな? と思いつつ
チョコかけあずきアイスを食っていたら
その男性が店に入ってきたので
ちょっとビックリさせられた。

「いらっしゃいませー」
と、営業スマイルでお出迎えした私の顔は
即座にひきつるハメになる。

「あの・・・パフェください」

店内は、一応アイスが食えるように
テーブルとイスがある。
メニューもあって、パフェも書かれている。

店長に仕事の説明を受けていた時に
「このパフェってのは、どうするんですか?」
と、質問したら
「ああ、それ絶対に出ないから大丈夫」
と、説明してもらえなかったのだ。

来たじゃねえかよ! どうすんだよ!!!

「少々お待ちください」 と、にっこり微笑み
すぐ奥の事務所に駆け込み、店長に電話をした。
「店長、今どこ! すぐ帰ってきて!!!!!」

幸いにも、店長は近所を移動していたので
素早く戻ってきてくれた。
店長がパフェを作っている横から
「ピーチ1個おまけー」 とか
生クリームにズブズブ刺してあげたお陰で
男性は予定外の大盛りパフェを堪能する事ができたのだが
なんせ基本成分はゲロまずアイスなので
ラッキーなのかは定かではない。


男性が帰った後に、店長に
「店長ーーーパフェ来たじゃないですか」
と、怒ったら、「来ちゃったねえー」 とか
ヘラヘラ笑うので
「私を窮地に立たせるんじゃない!」
と、切れてあげた。

バイトにこんだけ罵倒されるってのも情けないが
この店長、いいとこのボンボンですげえ放漫経営なのだ。
本人は頑張ってるつもりでいるようだが
何か方向性がおかしい。

店内に怪しい通販の 「商売繁盛をする絵」 を
飾っていたら、私にバカにされてもしょうがなかろう。

「こんなん本当に買う人、初めて見た。
 せめて人の目につかない物にせえよ。
 よりによって、こんな心霊写真のようなヘンな絵を」
と、とことんえぐったら
何と財運上昇の財布まで持ってた・・・。


こりゃあかん、と、思ったわけではないが
(いや、思ったが)
バイトは半年ぐらいで辞めた。
客もほとんど来ないし
すげえ時間のムダに思えたのである。

辞めてからもなお、店長や店員のおばさんたちから
電話勧誘があった。
「毎日、夕方の5時から6時まで1時間だけ店番して」
と、頼むのだ。

もう、アホかバカかと。
こっちは通勤に燃費の悪い超古レビンで
片道20分掛かるんだぞ。
ガソリン代でバイト代飛ぶっちゅうの。
もちろん断ったが、かなりしつこくて困った。


その後、アイス屋とも縁が切れ
(案の定アイス屋はしばらくして閉店していた)
すっかり忘れていた頃に、再び店長の噂を耳にする。

元夫が不動産屋に頼まれて
とある田舎町の物件の補修工事をした。
そこは健康食品屋をやってたんだが
家賃滞納のあげく夜逃げをしたらしい。
親が来て滞納金を払ったそうで、その名前を聞いて
「・・・相変わらず似たような事をやっとる・・・」
と、呆れたさ。

開運グッズ、やっぱり効き目ゼロだな。






ミズノ ブレスサーモ

あったかインナーといえば
ユニクロのヒートテックが花形だよな。
私も家用、外出用と愛用しておった。

ところがな、ヒートテック
そんなに効果がわかんないんだよ。
世間で言われてるほど、ぬくいかあ?

こりゃ、2枚重ねとかせにゃいけんのかな、と
ネットで調べてみたら
ヒートテックの重ね着は無意味
登山などの汗をかく時のヒートテックは無謀
と書いてあった。
ヒートテックは汗をかくと冷えるらしい。

冬場でも汗をかくよな。
あったかい部屋に入った時とか
コートが脱げない混んだ電車内とか。


じゃ、何が良いんだ? と調べていたら
口コミでミズノのブレスサーモを知った。

スタジアムのスポーツ観戦で
皆が寒さに震えてる中
ブレスサーモを着た自分は汗をかいていた、と。

ミズノといえば、スポーツウェアだし
こりゃ良いんじゃないか? と
買う事を決意。

しかしな、値段がな
ごめん、あやふやな記憶なんだけど
薄手こそ2000円台であるんだけど
厚手6300円ぐらい、裏起毛8800円ぐらい
と、ヒートテックの何倍も高いんだよー。
ヒートテックは、安価がウリだったんだな。
なるほど。


今年の冬は暖冬だと蓬莱さんが言ってたんで
薄手だけどダウンぐらい暖かい、という
触れ込みのコートをネットで買ったんだよ。

したら、想像以上にペラペラで
実店舗で手に取ってたら買わなかったな
という頼りない薄さ!
私の初ネット服買い、割に失敗。

これは中にブレスサーモを着込んで
暖を取らなければ、と益々決意を新たに
スポーツ用品店に走ったさ。


そしたらな、何度行ってもないんだ。
3度目ぐらいに店員さんに訊いたら
入荷は11月中旬だと。

・・・ミズノ・・・
おめえ、やる気あるんか?

日本が夏でも、南半球は冬
平地が秋でも、山の上は雪だろ。
年中いつでも入手できるようにしとけよ!

で、5度目ぐらいに行って
やっと現物を入手。
お出掛け用に、厚手と裏起毛を買っただよ。
家用はヒートテックがまだあるんでな。


まず、厚手を着てみた。

・・・・・・暖かい・・・・・・・!

ペラッペラのコートでも寒くないんだ!
こんなに暖かいものなんか!

暖かすぎて、ブレスサーモで覆われてない
首や足の寒さが際立つ。
対比で。

それでもブレスサーモのお陰で
寒さが苦にならない。
ユニクロの5倍はぬくいよ!
さすが、値段が高いだけある。


もう、冬中、厚手で良いと思っていたんだけど
裏起毛を8000円出して買ったんで
寒さが厳しいと蓬莱さんが言う時に着てみた。

ここで注釈だが、蓬莱さんというのは
関西の人気気象予報士。
関東では、昔 “5時に夢中” に
出てた事があるらしいんで
知ってる人もいるかも。
この冬は、インフルエンザにかかって苦しんだらしいぞ。
やっと復帰して数日後に滝行をさせられとった。
TV業界って容赦ねえな。
蓬莱さん豆知識。

でな、裏起毛、もうポッカポカー!
露出している首元が寒いので、マフラーを巻いたら
ペラッペラのコートで厳しい寒さの中
上半身だけはぬっくぬくーーー。


ブレスサーモには、パッチもあるんだけど
私、病気太りしててな、ズボンがピッチピチで
パッチのパの字も履けんのよ。

パッチは泣く泣く諦めたけど
店頭で説明書きを読んだら
パッチ、裏起毛で綿混合で、更にぬくそう。
デブってない人、お勧め。


この説明書きによると、ブレスサーモは
水分で発熱し
それを繊維内に取り込んで保温し
ドライな状態を保ち
汗のいやな臭いを抑え
pHコントロールしてお肌にやさしいんだと。

氷点下の雪山登山からスポーツ、普段着用まで
薄手から厚手まで取り揃えております、との事。

ミズノーーーーーーーーーー
だったら、年中売り場に置いといてくれよー。

そんで、宣伝してくれよー。
もっと早く知りたかったよー。

きっと知らない人、多いんだろうな
と、この記事を書いている次第。
ミズノは私に感謝すべき。

でも家用を買うかは迷っているんだ。
起きている時は良いけども
布団に入ったら、暑過ぎて寝汗をかきそう。
どうすべきかなあ。

ああ、迷ってる内に
ブレスサーモ、売り場から消えたーーー。


ヒートテックで寒い人
騙されたと思って、この
ミズノのブレスサーモを買ってみて。

薄着ぬくぬくウィンターライフが待ってるよ。

あ、実店舗で探す時な、見つけにくいだろうけど
意外な事に、箱に入って売られてんのよ。
真っ赤な手の平台の小さい紙箱。
気をつけてな。

アマゾンなら多分、年中売ってると思う。
家用は薄手、普通の冬は厚手
厳冬は裏起毛をお勧め。

厚手と裏起毛の厚みの差は、あまりないよ。
万能なのを1枚、って時には厚手かな。
裏起毛はほんと寒さの頂点の時。

現品、箱入りでよくわかんないから
ネットで買うのも良いと思うよ。



 
これが厚手じゃないかな。
裏起毛じゃないやつ。
ユニクロを着てた人なら
これのぬくさに感動するはず。
ほんと、ぜんっぜん違うから!
ぜひ、試してみて!!!
熱烈お勧め!


 
 
トリートメントな、効かせるコツは
いかに髪の1本1本に馴染ませるか、なんだって。
塗付して数分おくのも効果的だけど
それよりも大事なのが
塗る時に細かく毛束を分けて
丁寧に髪に染み渡るように
塗っていく作業が大事なんだって。
これ、やってみたけど
とんでもなくめんどかったよー。
これをトリートメント1プッシュで
頭全体とか、無理だろ・・・。
絶対、量がいるって。
でも、やってみると変わるんだってよ。
・・・努力するよ・・・。



 
 
今は男性でもメイクしてる人が
チラホラいるよね。
そんな人でも、リップクリームには
気を遣わないのな。
安いメントール入りので済ませてる。
で、口紅はブランド系。
逆だよ、逆!
リップクリームこそ良いのを使って!
そしたら、どんな口紅でも
映えるようになるから。
ま、このナイアードのを使っていれば
口紅いらずの唇になれるんだがな。
口紅は、しょせんお遊びよ。
本物のウルツヤピンク唇になりたくない?
そこで、これ。 これよ!
リップブラシで厚塗り1か月
ほんと、試してちょーだい!