FC2ブログ

天使か悪魔か

リアルババアあしゅのいらん事言いブログです。 週一更新。 昔の記事は http://maho.lomo.jp/nashural/ に。

ラロッシュポゼ UVイデアXL

SPF50 PA++++
30g 3672円

UVIDEAXL.jpg



UVAにはロングとショートとあって
地上に届くUVAは
ロングが75%なんだって。
そのロングUVAをカットしてくれる
処方だそうな。

他の特徴は、洗顔料で落とせる、
無香料、パラベンフリー
あと、肌色のティントタイプもある。


全成分
水、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、
ドロメトリゾールトリシロキサン、
グリセリン、PG、ジメチコン、酸化チタン
変性アルコール、ペンチレングリコール、
テレフタリリデンジカンフルスルホン酸、
ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル、
TEA、ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン、
ステアリン酸、セチルリン酸K、水酸化Al
BG、シアバター油粕エキス、
カプリリルグリコール、カルボマー、
セタノール、EDTA-2Na、
ステアリン酸グリセリル、パルチミン酸、
ステアリン酸PEG-100、
フェノキシエタノール、
ココイルサルコシンNa、トコフェロール
トロメタミン、キサンタンガム


この日焼け止め、私の年老いた
ドス黒い肌でも、まったく白浮きしない。
透明感じゃなくて、正に透明!!!
ちゃんと紫外線カットをしてくれるのか
不安になるほど透明。

ここまで白浮きしない日焼け止めは
2個目である。

1個目はもう販売されていない
肌研ヒアルロンUVクリーム
2012.5.18


だけど肌研のは、SPF30だったんで
SPF50で透明っちゅうのは凄いと思う。


使い心地は、そこまでベタベタはしない。
けど、乾燥もしない。
透明なので、ヨレもなし。
膜感もなし。
キシキシなんぞ、むろんなし。

・・・あれっ?
これって理想的じゃね?

いやあ、白浮きしまくる日焼け止めが
恥ずかしくて恥ずかしくて
うつむいて歩いてたところに
ポッとこれが現われたのは、何かの運命か?
理想って、ある日突然現実になるのな。


と、ここまでベタ褒めだけど
ひとつだけ欠点があった。

それは肌のアラを隠さない事。

透明だからカバー力もなくて当たり前なんだけど
夕方ぐらいになると、ババアの肌はくすむんだよ。
本当にドス黒くなるんだ。

白浮きする日焼け止めなら
そのくすみをカバーしてくれるんだ。
が、この透明日焼け止めは
そのまんま、くすみがドーン。

上からお粉を塗ってるぐらいじゃ
カバーしきれない。
ファンデ必須。


という事で、ファンデは塗りたくないので
特にくすむ顔の上半分だけに
白浮きする日焼け止め、
オーシェリーアクアリッチサンスクリーン
14.6.30


ocealy.jpg


を塗ろうと思っている。

不思議な事にさ、オーシェリーは
口の回りが泥棒メイクのごとく
真っ白に浮くんだけど
顔の上部はキレイな肌色なんだよ。

ラロッシュは、口の回りは普通なんだけど
顔の上半分がくすみまくるんだ。
ここんとこに、何か重要項目が
隠されている気がするんだけど
それが何なのか、考えてもわからない。


ラロッシュのあまりの白浮きのなさに
まだまだ残っているオーシェリーを
どうしようかと思ってたけど
いやあ、あって良かったよ
抜群の組み合わせじゃないか。

私は顔上半分オーシェリー
口の回りをラロッシュ、と
分割塗りで白浮きくすみを
回避しようと思っている。

しっかし白浮きする日焼け止めに
まさか、くすみカバー機能があるとは
白浮きもそう悪いばかりでもないんだなあ。


と、ここまで書いて様子見してたんだけど
真冬になると、くすみがなくなった!
という事は、私のくすみは皮脂ぐすみ。
これはお手入れでどうにかする範ちゅうだな。

そんで、真冬の寒風にも春の乾燥にも
この日焼け止め、潤ってくれた。

まさに 神 !!!

ラロッシュは敏感肌用だと銘打っているんで
かなりの人が、これはいけるんじゃないかな。

んで、日焼け止めの効果もあるみたいだ。
日に焼けていないんで。

だけど、あまりにも透明なんで
南国バカンスには不安かも。
逆に、SPF50でも負担を一切感じないんで
日常使いにはもってこいだと思う。


日焼け止めジプシーをしている人
これでその旅も終わると思うよ。
激しく激しくお勧め。





FC2のアフィリ終了だってさ・・・。
今度から、いちいち手貼り作業だよー。

このトライアルキットに、UVイデアも入ってる。
小さいチューブだけど数回使えて便利。
合わなくても小さいから悔いなし。
ぜひぜひ試してみて。



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ashural.blog.fc2.com/tb.php/514-0bd816e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)