天使か悪魔か

リアルババアあしゅのいらん事言いブログです。 昔の記事は http://maho.lomo.jp/nashural/ に。

静寂な雑踏

2005年の記事。


父は片耳が聴こえなかった。
母は脊椎カリエスとかいう難病を若い頃に患い
背骨が変形し、腰が曲がっていた。
兄はアキレス腱を切り、片足の踵をつけずに歩いている。

そして私は、小さい頃に喋れなかったらしい。
愛知の親族に耳鼻科医がいたので
飛行機に乗って、しょっちゅう検査に
行っていた記憶がある。

手術をしても治らないと結論が出たので
私を可愛がってくれていた近所のお姉さんが
ろうあ士?の資格みたいなもんを勉強して
私に喋り方を教えてくれたそうな。

こう書くと、うちはとんだ障害者もどき一家なんだが
全員、中途半端で年金も貰えず、とか書くと
某団体に吊るし上げをくらうか?


今では喋る事はできるが
やはり普通には喋っていないようである。
サ行の発音がまったくできないので
意思疎通に苦労する時もある。
“鈴木さん” が、“つづきたん” になるのだ。

以前は、よくからかわれ、悲しい思いをしていた。
「何を喋ってるのかわからない」 とか
「面白い喋り方をするよね、ちょっと歌ってみて」 とか
初対面でそんな事を言うヤツもいて、激しく傷つき
初めて会う人と喋る時には、一瞬ちゅうちょしていた。

世の中、無神経なヤツは意外に多くて
笑われたり、バカにされたり、嫌な顔をされる度に
友人にワンワン泣きついていた。

ある日、毎度のように友人に泣いて訴えてた時に
ふと思った。
「あんた、私がこうやって泣きついてきた時
 いつも慰めるけど
 それ、私のためにならんのじゃないんか?
 友達なら言いにくい事も言って
 いさめるべきじゃねえ?」

これで友人はブチ切れた。
「あんたが傷ついて泣いてるのを、どう収めようかと
 毎回苦心しとるというに、その奮闘を非難するんかよ!
 わかった。 “あんたのため” に
 心を鬼にして厳しくするわい。」

そして、こいつはまことの鬼になり
私が望んでる “ちょっとした激励” を遥かに超える
叱咤激励 (主成分が叱咤) をしてくれ
そこいらの無神経なアホより
あんたの方が切れ味鋭いわ・・・
と、ギブするほど、叩きのめされた。

散々怒られた後に
「じゃあ今度から何か言われたら、うつむいて
 『私・・・小さい頃喋れなかったんです・・・』 と
  答えたるわ。」
と、言うと
「あんた、同情されて嬉しいか?」
と、きっつい反撃をくらったので
「とりあえず失礼なヤツは罪悪感にさいなませたる」
と、宣言した。


ところが、最近は人権団体が幅を利かせているせいか
“人と違う事” に対して
皆ナーバスになっているようで
喋り方でどうこう言われる事もなくなった。

ときおり聞きにくそうな表情をされる事が
あるぐらいである。
私の精神波動砲をくらわせる機会がないのは
ちと残念かも知れん。


結構な苦労をさせられている
この喋り方の原因は知らない。
父に聞こうと思った矢先に、父没
しばらく忘れてて、母に聞こうと思った途端、母昇天、で
もしかしてこの質問は、死の呪文 (ザキ!) なんか?
と、思えてくる。

知っているかどうかはわからんが
兄に聞こうとしたらどうなるのか
試してみたいが、万が一が恐いので、実行に移せない。
一生知らんでいい、って事なんだろうか。



数ヶ月前の事だが、耳がおかしくなったので
耳鼻科に行く事にした。
TVの音が左耳の入り口で反響するのだ。
耳の中って触ると痛いので、私は耳かきをしないのだ。
きっと耳垢が詰まっているんだろう。 (汚ねえ女)

近くの個人でやってる耳鼻科医院に行った。
朝一で行ったのに、受診できたのは昼12時過ぎ。

3時間以上待たされ、しかも周囲は
乳児幼児がウジャウジャで
泣くはわめくは走り回るはキャッチボールをするは
おめえら、暴れたければ屋外でやれ! と
飛び蹴りしたくなるほどだった。

そんな状態で既に疲労困憊ヘロヘロで診察室に入ると
医者は坂田としおにそっくりだった。

  3時間待たされて
  アホの坂田かよーーーーーーーーーー!!!

と、絶望的な気分になったが、このお医者さん
なかなかどうして、凄え優しく丁寧な人だったのである。
あまりにキャラが立ってる外見だったので
つい誤解してしまって悪かった。


まず、30分ぐらいかけて聴覚検査をする。
次に問診なのだが、検査結果を見て
坂田(仮)先生の顔が曇った。
「うーん・・・・・、あまり耳がよくないですねえ」

坂田(仮)先生の説明によると
私の聴覚は通常の人の3分の2~半分ぐらいで
ある種の音はよく聞こえるけど
ある種の音は聴こえない、みたいな
「・・・・・こうもり・・・・・?」
と、突っ込みたくなるような聴こえ方らしい。

  みみみみみ耳まで悪いんかあーーーーーーーー!!!

と、愕然としたわけだが、それが顔に出ていたらしく
坂田(仮)先生が一生懸命フォローをしてくれる。
「別に、ちょっと聴こえにくいだけで
 将来聴こえなくなるわけじゃないですから」

「原因は?」 と、聞くと 「生まれつきでしょうね」
だそうだ。
いいや違うね、と、思った。

うちの父が耳が聴こえなかったので
TVなんか大音量で私の後ろでガンガン鳴ってたし
小学校の頃、担任に殴られて
中耳炎だか外耳炎だかを起こし
3ヶ月ぐらい、ほとんど耳が聴こえなかった時期があって
しかもそれを放置してくれたもんで
自力で治癒させたんだよな。
聴こえにくい3割は親のせいだろ。

でも、口と耳って連動しているらしいので
私が喋れなかったのも、何か関係があるかも。


耳クソ掃除のつもりで来たのに
何でこんなダメージをかまされるんだ、と
ショックを受けて、グラグラしていたら
スコープを耳の中に突っ込まれた。

「キレイなもんですよ、耳垢もまったくないですね。」
はあ????? 自分で耳掃除なんかした事がないのに?
またまたビックリして、モニターを見ると
確かに両耳ともキレイである。
ほお、わたくしは耳垢も出ない女ですのね
と、ちょっと気分が良くなった。

音が反響するのは、何かよくわからんようで
結局、何も解決しないどころか
不吉な宣告をされただけで帰路についた。


いやあ・・・私、耳が聴こえなかったんかあ
まったく気付かなかったよ。
目も悪いし、とんだパチもんな3重苦じゃん。
と、プチヘレン・ケラーを気取って
しばしウジウジしたが
誰に言っても、坂田の話で引っ掛かって笑い
私の苦悩を考慮してくれん。

このまま厭世観を漂わせて
アンニュイな女性になってもいいんだが
性格がザツなので、体の機能もザツでも
何の不思議もないという結論に落ち着いて
そのまま流してしまった自分が
バカなんか、アホなんか、結論は絶対に出したくないが
ひとつ言えるのは、この騒がしい世の中
少しぐらい聴こえん方が落ち着いて良いんかもな。


以来、自分には何の期待もしていなかったんだが
最近ある事を指摘された。
何と、私は嗅覚が人より鋭いと言うのだ!

「犬かよ!」 と
「捨てる神ありゃ拾う神ありだなあ」 の
ふたつの感想が脳内を渦巻いたが
こんだけヘビースモーカーの私が
嗅覚が良いなど、信じられない。

それを突っ込むと
「でもタバコだってソムリエみたいな人がいるでしょ」
だと。
なるほど、それは説得力があるかも。

しかし私の “嗅覚が鋭い” など
うどん屋でうどんを食って 「ゴミ臭い」 とか
某カップラーメンを食って
「濡れた犬の臭いがする」 とかばかり
言っているんだが、それでもアリか?


そういや、香水の好みがアフガンハウンドと一緒だった。
犬は柑橘系が嫌いで、じゃ香系が好きなのは鉄板で
私の好みも、そういう感じだが
アフガンとはフローラル系やグリーン系の好みも
同じだったのだ。

香水は50本以上使ったが、そのすべての好き嫌いが
アフガンと同じだった。
(ちゃんとテストをした)

ま、アフガンはサイトハウンド (視覚に頼る犬) で
ゴールデンレトリーバーは香水には無関心だったので
この逸話は何の事例の役目も果たしてないわけだが。

でも、よおおおく考えると、結局こうなる。

       やっぱ犬かよ






コメント

うちの旦那は鼻が悪くて、ここ何十年も
匂いというものが感じられないらしいです。
でも、これって、同居人にとってはとてもありがたいもので、
ちょっとくらいおならしても、におわないわけだしw
まぁ、そんなにぶーぶーしてるわけじゃないけどさぁ・・・
ちょっとくらいすかしても、平気なわけだ。
だが!
最近は、娘がうるさくて、「ママ、おなら臭いよ!」と叫ぶ(怒)
静かにしてろよー!
あーもう、せっかく匂わなくて良かった思ってたのに・・・w
でもさ、匂いを感じれないのってそんしてるなーって思うね。
まず、食べ物の匂いでしょ?
あとは、香水とかの匂いでしょ?
あとは、季節の香りとかさ。
病院行って来い言うんだけどさ、なんかべらぼうに痛い施術されるらしいんだ。
どっちかというと、鼻耳系が弱いらしい。
結局行かずじまい~><
意気地なしというか、なんというか・・・^^;

ふみえ
私の元夫も鼻が悪かったなあ。
味噌味としょうゆ味の区別もつかないの。
肉も何の肉かわからないらしいし
何か、気の毒だったけど
私の作った料理を全部
惣菜だと思ってたとわかった時には
ショックだったわ。
不味い料理は出してないつもりだったのに。

そう言われると、鼻が悪いと
雨の匂いとか感じないのかね。
それはもったいないな。

でもふみえのご主人がビビる気持ちもわかるよ。
鼻の治療って、むっちゃ痛いらしいよ。
そんで、“慢性鼻炎” とかだと治らないし
病院に行く気も失せるって。

  • 2017/06/20(火) 15:05:05 |
  • URL |
  • あしゅ #-
  • [ 編集 ]

私も鼻がいいです。
ど近眼で、耳もあまり良くないのに…
そしてなぜか、慢性鼻炎を持っていて
しょっちゅう副鼻腔炎になるのに鼻がいいのです…

鼻がいいせいで、電車の中では
ワキガ、ニンニクを食べた臭い息、胃の悪い臭い息、昨日飲んだであろう酒臭い息、汗臭い頭、加齢臭…
そんなものに敏感で、辛い時は車両を変えます。

外国に行くと、どの国でもその国のニオイに慣れるのに1日かかり、
初日はずーっと オエオエしてるし…
外国の市場とかスーパー見るのが楽しみなのに
ハンカチ口元にあてて、えずきまくりながらの観光…
日本でもオエっとなるので、
小太りなので妊婦と間違えられて、席とか譲られたらどうしよう…
とビクビクして、かなりの不審者だと思います…

鼻がいいって、なんもいいことが無いように思います…
目が良い方がよかったなぁ…

  • 2017/06/21(水) 07:15:15 |
  • URL |
  • ゆか #-
  • [ 編集 ]

ゆかちゃん
凄い。
本当に匂いに敏感なんだねえ。

外国の匂いって、そんなキツいんだ?
そういえば日本は
しょうゆと味噌の匂い、って言うもんね。

電車、大変だね。
一時期爆発的に流行った
強い柔軟剤の香りとか、まいったろ?
香水つけすぎの人も、いまだにいるし。

言われてみれば、鼻が良くて
良い事とか、ない気がする。
私は耳が良かったら嬉しいなあ。
最近、益々聴こえにくくなっちゃってさ。

  • 2017/06/21(水) 14:53:35 |
  • URL |
  • あしゅ #-
  • [ 編集 ]

柔軟剤!!!!!!
最悪です。あれ。
香水はまだ良いんです。(自然の香料が多いから?)
でも柔軟剤は…体調悪い時は最悪です。

外国の匂いが臭いというより
慣れない匂いがつらいのだと思います。
(臭い食べ物もありますが…臭豆腐とか…)

私も年々耳が悪くなってます…
でも、耳の遠い人は元気に長生きするらしいです。
長生きした私の親族はみんな耳が遠いです。

  • 2017/06/21(水) 22:55:33 |
  • URL |
  • ゆか #-
  • [ 編集 ]

ゆかちゃん
やっぱり、柔軟剤、最悪かー。
最近は微香性のものとか出てきて
ちょっとはマシになってるみたいだけど
まだまだくさいよねえ。
香水の方がまだ良いってのは意外。
私は人の香水の匂いが嫌だもんで。

ええー、耳悪いと長生き説?
長生き、したくないなあ。
主に経済的な理由で。
長生きも、ただすりゃ良いってもんじゃないよね。
健康で長生き、じゃないと。

  • 2017/06/22(木) 15:02:35 |
  • URL |
  • あしゅ #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ashural.blog.fc2.com/tb.php/621-15d939a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad