FC2ブログ

天使か悪魔か

リアルババアあしゅのいらん事言いブログです。 昔の記事は http://maho.lomo.jp/nashural/ に。

昨日見た夢 1

  03.10.27 

戦争の夢を見た。
広大な荒野にフェンスが張りめぐらされていて
そこが軍事境界線みたいなものだ。
私は10人ぐらいのチームの兵士で
ウィルス防護服みたいな白い全身スーツを全員着ている。
そしてメカニカルな重くてでかい銃を両手で抱え
突撃の合図を待っていた。

いよいよ突撃である。
このスーツはどこかのオリンピックの開催式で
やってたように宙に浮けるのだ。
チームがフェンスの上を飛んで戦闘地帯に入ったその時が
日本の戦後初の軍事介入だった。

私は越えちゃいけないラインを超えた気分であった。
「これでもう日本は後戻りできない状況になった。
 これから未来はどう動くのか
 必ずあちこちの紛争に軍事介入を余儀なくされ
 いずれは再び大戦突入になるだろう」
フェンスの方を振り向きながら、自分が
日本の軍国主義時代の幕を上げてしまった気がした。


敵はアラブ人らしい。
ところどころに鉄板でカモフラージュされた穴がある。
チームのひとりが鉄板の隙間から
ナパーム弾のようなものを撃ち込んだ。
中で悲鳴が聞こえた。

ふたつめの穴から敵兵が飛び出してきた。
服に火がついている。
叫び声を上げながらのた打ち回り
皮膚がただれ焼け焦げて死んでいくのを
私は銃を構えながら見ていた。
本当にこんな事をしていいのか
と、疑問が湧くが何故か迷いはない。


敵の反撃が激しくなったので
チームは元来たフェンスを乗り越えて撤退した。
帰りの車で非武装地帯を走っている時に街中を通り
子供を抱いたアラブ人女性が市場で
買い物をしているのが目に入った。

「私は明日あなたの家族を殺すかもしれない。
 いや、もう今日殺してるかも」
私は車の窓枠に頬づえをついて
その女性をぼんやりと見ながらそう思った。


この夢はとてもリアルに感じられ
実際に自分が戦争に行った気になった。
目覚めてから思ったのが
戦争だの命令だのの大義名分があれば
全然関係のない人を殺すのは簡単な事かもしれない
と、いうことだ。

会っても、怒りも憎しみも
何の感情も持たないだろう知らない人を
人としてのモラルを 「やらなければこっちがやられる」
という恐怖に変換して
何の感情も抱かずに殺す事ができるのかもしれない。
普段、一般社会で起きている殺人の方が
よっぽど人間的なのかもしれない。

もしかして人間は、地球が星としての滅びを
遂行するために作り出したプログラムなのか。
環境を破壊し、他種を絶滅させ、同種で殺し合う。

人間の本能は破壊なのか。
人間とは滅びの遺伝子なのか。
・・・いや、これは人間の愚行を
正当化しようとする考えだな。
大罪を犯した気分になって
ナーバスになって目覚めた朝だから・・・。



   03.11.18   

夢の中で私は戦士だった。
ボスキャラを倒すには、やっぱパーティ組まにゃなあ
という事で、4人目を探して歩いていた時に
ふと道端の下水を見ると
ようがんまじんの親子が泥の中から顔を出していた。
(ようがんまじん=ドラクエのモンスター。
 同類にひょうがまじんってのがいる)

「来る?」 と、誘うと、ようがん親父が
ようがん息子に 「行ってきなさい」 と、言う。
おいおい、そっちのチマい方かよ
と、思ったがしょうがない。


ようがん息子が泥の中から這い出ると
ちゃんと下半身までついていたのには驚いた。
上半身だけのモンスターだとばかり思っていたからだ。
しかし、当然かもしれないが真っ裸である。

「おめえ、それでウロついたら
 いくら何でもまずいだろう」 と
アイテムウィンドウをピッと宙に出して鎧を探す。
だが、ようがん息子、アイテムを
ひとつしか持てないのだ。

うーむ、こりゃ防御力より攻撃力優先だよな
と (ひでえw)、ようがん息子に剣を渡して
マッパでついて来させる事にした。


まず一体目のボスキャラ、
でっかい金属製マリモみたいなヤツをタコ殴りにし
とどめは私が斧でぶった切った。
「おっしゃあ、次のモンスターはどこだ?」
と、先に進むと
10人ぐらいの男女がわらわら歩いてきた。

パーティの魔法使いがロリ声で叫ぶ。
「モンスター “配色ヘン” ですう~」
見ると、全員トラッドな格好をしてるが
茶のパンツに黄緑のVネックセーターなど
確かに配色が変である。

ロリ魔女が更に叫ぶ。
「皆、靴下に一本ラインがついてますう~」
すると、その中のひとりの男が言い返した。
「失礼な、俺の靴下は真っ白な無地だぞ」
「でも、ズボンが横じまですう~~~」

私は大爆笑した。
そして現実に寝てて笑ったらしく
自分の笑い声で目が覚めた。
時計を見ると朝の5時過ぎだった。







コメント

突然の訪問、失礼いたします。
私はこちら⇒https://goo.gl/J4i7FY
でブログをやっているさくらといいます。
色々なブログをみて勉強させていただいています。
もしよろしかったら相互リンクをお願いできないでしょうか?
「やってもいいよ」という方はコメントを返してくだされば、
私もリンクさせていただきます。
よろしくお願いします^^

  • 2017/10/23(月) 13:40:18 |
  • URL |
  • さくら #-
  • [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2017/10/23(月) 20:27:34 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

さくらちゃん
お誘いありがとう。

このブログ、相互リンクとかやってないんだ。
だから残念だけど・・・。

そちらのブログに返事を書こうと思ったけど
コメント欄が見つけられず。
ここに返事するけど、ごめんね。

::::::::::::::::

非公開にするような意見じゃないよ。
皆、勉強になると思う。

私が思うのは、一般人には
知らされてない重要な事って
たくさんあると思うんだ。

その証拠に、あれだけ自民批判してた民主党が
いざ、政権を取ったら、何もできなかっただろ。
政治の中枢にきて、初めてわかる事って
あるんじゃないかな。
政治家たちが綺麗事を言うのは
真実を言えないから。
それが美しいのか汚いのか、わからないけど。

私が切に願うのは
ひとつの出来事を考える時には
必ず正反対の意見を聞いてほしい、って事。

その正反対の意見を探すのに
えらく手間がかかるだろうけど
それを惜しんでちゃいけない。

声が大きい方を信じるのは危険。
今の日本では、“大多数” の方が怪しい。

あと、日本好きなのは右翼か?
私は右翼じゃない。
ここで好き勝手言ってられるのも
何不自由ない暮らしができるのも
今の日本だからこそであって
それに感謝して、大切にしようとしてるんだ。

こんなに自由な国は、滅多にないよ。
世界はもっと規制されてるよ。
日本に生まれた事の
ありがたみをわかってほしい。

私は今、政治からは目をそらしているんだ。
ストレスが大き過ぎるんでな・・・。
だから、意見を言えた立場じゃないと思う。

ああ、日本がもっと太平洋の真ん中にあったらな。

  • 2017/10/24(火) 15:17:32 |
  • URL |
  • あしゅ #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ashural.blog.fc2.com/tb.php/639-6b8918ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad