FC2ブログ

天使か悪魔か

リアルババアあしゅのいらん事言いブログです。 週一更新。 昔の記事は http://maho.lomo.jp/nashural/ に。

教育

黒柳徹子さんが、ユニセフの活動で
アフリカの国に行ったんだと。
それで言ってたんだけど
子供の教育って何故重要視されるか。


黒柳さんが子供の頃
戦争で空襲に遭ってて、学校から帰るたびに
家が焼けてなくて良かった
家族が生きてて良かった
そう思ってたんだと。

その頃は、何でこんな大変な時に
学校に行かされているんだろう、と不思議だったけど
大人になってようやくわかったのは
脳が柔軟な子供時代に
できる限りの教育を施しておけば
その国の未来は安泰なんだ
と、貧困国を見て思うんだそうな。


そんで、これはどっかで見聞きした話なんだけど
アフリカの貧困国に食料援助をすると
親が全部食ってしまって、子供は飢えてるんだと。
何故かっちゅうと、子供はまた産めば良いから。
子供を産む大人が優先なんだと。

で、どっかの国では
太って、良い布地の服を着てる事がステータスで
子供は単に産んだだけだから
構う必要はない、と。

ほったらかして、生き残って
育った子供だけが大人になるわけで
そういう感覚の中で育った子供も
また、親と同じ思考になって
子供より自分、ってなるんだそうな。

ボランティアが教育教育言ってるのは
そういう現実を目の当たりにしてきて
根本から変えなきゃいけない、って事らしい。


日本の場合、教育はしっかりしてるけど
ひきこもりや登校拒否などで
学校に通えない子供がいる。

私の考えとしては
引きずってでも学校に行かせるべきだとは思うけど
それは私の時代の話で
多分、今とはかなり事情が違う。

学校に通えなくても
勉強だけはしておくのが大事だと思う。


学校の勉強なんて
社会に出たら何の役にも立たない
という意見があるけど、それは大違いだぞ。

学校で習った事は、意外に活かされるし
何より、遊びたい盛りの子供時代に
自分を制御して勉強して、ついた忍耐力や努力が
ものすごい自分の武器になる。

やるべき事をきっちりやる、という姿勢は
仕事をする上での基本。
学生時代に、それを身に付けるための
教育、なのだ。

知識も大事だけど、そういう事を学ぶのが
学校教育だと思う。


大人になった時の心残りとして
私もそうだけど、多くの人が後悔するのは
“もっと勉強しとけば良かった” だ。
夢でも、テストの答がわからない
と焦るとか、あるあるだ。

多くの人の人生に、レールは必要で
その道筋の要所要所で
どんだけ課題をこなしてきたかが
後々の自分にとって、大事になってくる。

私はもう、教育を受ける年代にないけど
日々、勉強をしているつもりで精進するのが
人間としての一生かな、と思う。

死ぬまで勉強!




おお、今日はアフィリが貼れた。
この不安定さ、何なんだろうな。
で、鉄板のあんだんてシャンプー。
きしまず優しく洗い上げ
髪を素の状態に戻してくれる。
これは何度も言ってるよな。
ただこれだけの事をするシャンプーが
いかに、ないか。
ツルツルとかしっとりとか
皆いらん事をしてくれるんだよ。
それか、すんごくきしむか。
シャンプーを探し回って40年。
やっと見つけた、このシャンプー。
ぜひぜひ試してみて!



前回貼りたかったアフィリ。
ゴアテックスのスニーカー。
色んなメーカーから出てるよ。
ゴアテックスは防水機能に優れてて
雨をビシバシはじくのに
通気性も良い布地。
レイングッズや登山用品に
よく使われてるみたい。
もう梅雨は終わるけど
雨の日に履く用に
ゴアテックスの靴、
いっちょは持っておくべきだよ。




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ashural.blog.fc2.com/tb.php/726-eab07ce5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)